youtube哲学漫談完成版(正式版?)を毎日アップします。ユーストは未加工版(一か月保存)ねとらじは音声のみで生で今まで通りやっていきたいと思います。こちらからです!!−−>新設!!大人の教育番組 ジョーカーの哲学漫談 youtube!!! すべて整理!ジョーカー情報はここに集合ーー>MJKワールド 哲学漫談生配信はここ! 哲学漫談録画はこちら! 熱帯雨林さん作のジョーカームービーはここ! 大人の教育番組3ちゃんねる生放送 ジョーカーによるネットテレビ放送!!
スティッカムで簡単ライブ動画配信
Live video chat by Ustream 哲学漫談視聴について    朝の哲学漫談は今まで通り一人演説にさせてもらいます。チャットがきても答えらないかもしれないけど、無視したり、嫌ったりしてるのではありません。あしからず。よるの哲学漫談はチャットをしながら、とくにこれといったルールなしでやっていきたいと思ってます。よるのまんだんは哲学の話とは限りません。ダンプ放送はひるのまんだんです。     よるの哲学漫談、したらば掲示板はこちらです。-->http://jbbs.livedoor.jp/music/23492/

2010年08月28日

仙人新聞 2010・08・28

仙人新聞 2010・08・28

本日の真理求道者はユーストに保存しなかったのでアップしておきます。




***宇宙mix(哲学漫談、クレイジートーク)パロール版***

http://www.ustream.tv/recorded/9163821

http://www.ustream.tv/recorded/9185900



***宇宙mixエクリチュール版***

**哲風呂**


メタ理論と感情移入についてである。散歩中、ふと歩みをとめる。その目の間のねぎ畑の絶景に感無量というのではなく、ガムをふんでしまいにっちもさっちもいかないのだ。地球の重力に負けて腰をおろす。どぶ川にかかった橋のうえでその絶景を眺める。どぶ川にはヘドロが堆積し、その網目をぬって小さな汚い水の流れ。そして、そのうえにはクモの巣がある。クモはこちらをにらみつけ、えさとまちがえられて危なく食べられそうになったが間一髪であたまがてかっているミラーマンに助けられて無事救出される。そこでミラーマンはそっちのけで思うのだ。このどぶ川はわれわれが住む地球そっくりだ。この堆積したヘドロが三角州、クモの巣は雲。はっているミミズがわれわれでクモに気がついていない。つまり、この地球、頭上にも多くの生命がいる。しかもわれわれにはみえないと。それはともかく、妄想ふくらませているだけでなく、ここにこうやっているぼくちん、そうここにいてあたまはそこにいるとう現実。この現実と壮大なスケールの絵空物語をうまく接着することにしよう。


  メタ理論についてである。たまねぎが転がっている。これはふつうの言語だ。たまねぎが転がっている、とやまちゃんはつぶやいたのだ、と斉藤くんに聞いた。斉藤くんはたまねぎ転がり事件の当事者ではなく、上からそれを語っているだけ。上から目線的に別のレベルから物申している。宇宙の成り立ちについて語るナレーション。ビッグバンのあとに宇宙は膨張したという、と真剣な口調だ。かれは宇宙のビッグバンに立ち会って実況しているのではなく、スタジオできゅっという掛け声でしゃべっているのだ。別の次元で上からみながら語っているからメタである。そもそも、メタとはなんとかの上、という意味がある。英文法の参考書。見ただけで睡魔が襲ってくるらしい。英文法を日本語で語っている。英語が対象言語、日本語がメタ言語になる。メタ言語は対象言語よりもいっぱいないといけいという。日本語で日本語文法説明しようとすると、対象言語もメタ言語も同じ日本語で矛盾しちゃう。タルスキはここにレベルのちがいつくればいいんだよ、と提唱。言語、メタ言語、メタメタ言語と階段状になる。

  つぎは感情移入についてである。公園で宇宙人がありの巣を壊していたが、通行の邪魔だったので、ちぇっとくちづさむ。あとから考えて見ると、宇宙人を目撃したんだと感慨深くなる。私一人でみたから信憑性がなく、客観性に乏しい。二人、三人、5000人ぽっちでみれば客観性高まる。主婦はりんごを夕飯のおかずでみている。色目でみるおじさんもいる。科学者はりんごを科学的な成分としてみる。こうやってみんな見方がちがうが、互いにほかのひとの目になってあれこれ考察。つまり、私は科学者の目を借りて、科学者は主婦の目をかりる。主観だけでなく、主観同士のやり取りだから間主観性という。そしてこうやって、自分がこうおもっていたという思い込みが客観性になってゆくので間主観性テストという。

  このとき、私は科学者になりきって感情移入する。互いに互いの気持ちに入り込む感情移入。柱にあたまぶつけていてててといっている長身の友人の痛みが伝わってくる。フランダースの犬を見て号泣、ネロの気持ちに感情移入だ。人間だけでなく、みなしごはっちにもなれる。生物だけでなく、愛車が傷つけられたときは本当にいたたまれない気持ち。つまり、物にも感情移入だ。


  まとめ

  **存在の科学**

  異次元理論  こことそことあそこ

  どぶ川がまるで陸地と皮、ミミズがわれわれで、うえにかかるクモの巣は雲にみえる。けっしてだじゃれいっているのではなく、このどぶ川の構造を引き伸ばすと地球になるのではないか。クモに相当する生き物、ミミズにとってクモの存在は気づかれていないが、人間にとっても雲のうえになにかるが気づいていないだけかもしれない。ピラミッドの頂点ではなく、地球には人間では認知不可能な無数の生物がいる。地球からさらに太陽系。たしかに、太陽系はどぶ川や地球のように地球の中心核へと向かう下方がないようにおもわれる。そうではなく、太陽を中心とみなして、そっちがしたである。こんどは銀河系でだが、銀河系の中心のブラックホールが中心核だ。すべては規模がちがうが同じ構造だ。

  さて、これは空間的なメタ的な階層だ。時間的なメタ階層が並行世界であろう。ひょっとしたらと現実のこの世界から上から目線で想像しているからだ。これらをあそこという。私は現実にここにいる。あなたはそこにいる。たわしもそこにある。ここ、いま、私がいてこれは確実。そこ、いまではない過去、未来には他人や他者がいるが不確実。感情移入によって、ここがそこ、今が今以外の過去未来になる。こうやって空間と時間のひろがりがうまれるが、これらはこことそこであって、同じメタ理論的な階層である。こことそこ、そして、あそこは太陽系銀河系、並行世界ということだ。



   **クレイジートーク**

  いあま私は素っ裸。乳首二つ確認し、おへそと魔の三角形をなしている。この魔の三角形にたかったハエはきっと飛び方が変になるにちがいない。裸は涼しいが、はたから見たらただの馬鹿にみえるか、プロの馬鹿にみえるか、はたまた、暑ぐるしくみえて嫌われる。王女様に嫌われたらどうしよう。グラビアアイドルに嫌われないように、とりあえず、上だけワイシャツでもはおる。上半身は紳士、下半身は野獣という、いわば、ケンタウルス的な上下不均衡になったのでちょっと安心した。これで悪漢がおそってきても、きっと気持ち悪がるにちがいない。完全に、悪漢は私のペースにのまれてしまい、手も足もおまけにケツもだせまい。そんな安堵感の中、一匹の蝶が川をどんぶらこと泳いでいる。そろそろ、私もちゃんと正装して、お風呂にでも入ろうと決意表明したので、このへんクレイジー終了とする。



posted by モノイイ ジョーカー at 12:04| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 日刊 仙人新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/160816765

この記事へのトラックバック

FXスキャルライブ〜FXCLUB〜
Excerpt: ★リアルタイム動画配信★前代未聞の返金保障付き!! ※9月の月間成績において、万一収支がマイナスで あった場合は全額返金いたします!! ※決済手数料・銀行振り込み手数料などを 差し引いた全額を返..
Weblog: パワーアップショップ
Tracked: 2010-08-28 14:13