youtube哲学漫談完成版(正式版?)を毎日アップします。ユーストは未加工版(一か月保存)ねとらじは音声のみで生で今まで通りやっていきたいと思います。こちらからです!!−−>新設!!大人の教育番組 ジョーカーの哲学漫談 youtube!!! すべて整理!ジョーカー情報はここに集合ーー>MJKワールド 哲学漫談生配信はここ! 哲学漫談録画はこちら! 熱帯雨林さん作のジョーカームービーはここ! 大人の教育番組3ちゃんねる生放送 ジョーカーによるネットテレビ放送!!
スティッカムで簡単ライブ動画配信
Live video chat by Ustream 哲学漫談視聴について    朝の哲学漫談は今まで通り一人演説にさせてもらいます。チャットがきても答えらないかもしれないけど、無視したり、嫌ったりしてるのではありません。あしからず。よるの哲学漫談はチャットをしながら、とくにこれといったルールなしでやっていきたいと思ってます。よるのまんだんは哲学の話とは限りません。ダンプ放送はひるのまんだんです。     よるの哲学漫談、したらば掲示板はこちらです。-->http://jbbs.livedoor.jp/music/23492/

2015年02月11日

仙人新聞 2015 2−11

仙人新聞 2015 2−11


   2015 1-6

通時態と共時態、そして、ペルソナについてである。私は世界のなかにいるような感覚がある。当たり前なのだが、じつは作られた世界にいる作られた自分なのだ。

   通時態と共時態についてである。とりわけ、言語学において、時間的な流れのなかで研究する分野、これが通時言語学。言語も時ととに変化するのだ。これに対して、ソシュールは共時言語学を提唱。言語を使うときは、少なくと、文法を固定していないとだめである。つまり、時間をとめた写真のように、言語文法がその生成変化をとめたレベルで研究だ。

  次の話はユングのペルソナについてである。ペルソナとは仮面のことであり、われわれは社会の中で作る自分の仮面だ。男なら男らしい仮面、だから、心の奥では女性的なアニマがあるという。また、女性なら、女性らしいペルソナ、仮面をかぶり、その深層は男性的であり、これをアニマスムという。

   まとめ

  存在の科学

   異次元理論

    アインシュタインはE=mc2という式で、質量っていうのは、エネルギーだといった。物が静かにそこにあるだけなのに、重さがエネルギーなのだ。すべてはエネルギー体、主体性をもつ。じーっとしている実体、質量ある物体というのは虚妄だったのである。

  ウェルバーは意識のスペクトルを提唱。すべては唯識派がいう心だという。ところが、二元化を進めてしまう人間。まずは、有機体と環境にわける。さらに、自我と身体という二元性になるという。自我が身体をもつという表現すら使うようになる。そして極みが、理想的な自分の仮面であるペルソナと影の二元性だ。自分の嫌な面、影の面、理不尽さをペルソナという理想の仮面を作るために影に追いやるのである。

  さて、この自分の嫌な側面が影という世界になって、そこに理想的な偽りの仮面をかぶる自分がいると感じている。世界とそこにいる私というのがこのように両者ともつくられたものだ。そして、先ほどいったように、すべてはエネルギーであり、主体性であるにもかかわらず、固定し、じーっとしている実体とみなす。主体性と実体性という二元性をどんどん遂行し、ついには、影という偽りの実体とペルソナという偽りの主体性を生み出し、安住する。真の自分がこの二つを一体とみなすものである。

2015 1-7

  他者性と限界状況についてである。物理学用語にデュラックの海というものがある。もちろん、荒れ狂う日本海とは違う。この量子の海を考えるとき、新しい輪廻思想が解明されるのである。

  レヴィナスの他者性についてである。他者とはなにかと考えるとき、カントはみんな根っこは普遍的自我だという。また、メルロポンティは私も他人も同じ肉で一続き。だから、回転し、入れ替わるという。自他はなんと対称だという。そして、ついにレヴィナスにおいては自他は絶対的にいれかわらない。自他の非対称性を主張。私はボールの全体をつかむ。つかむとははじっこに手をかけること。他人のからだももちあげられるかもしれない。ところが、他者の心にはじっこがない。よって全体でなく、無限だという。私は有限で、他者は無限。さらに、自分のなかには自分ではどうすることもできない他者がいるという。これを非領有化的自我という。

   次の話はヤスパースの限界状況についてである。八方塞でどうすることもできない状況、これが限界状況だという。死、苦悩などであるが、こうなるともはや自分の内面へとどんどん推し進める。すると、自分にかかわる存在は現存在というが、自分にかかわりすぎて穴をあけてしまい、その先に超越者を見るというのだ。これを哲学的世界定位という。


   まとめ

  存在の科学

   異次元理論

   この世界を構成する最小のものを探し、素粒子が見つかる。そんな素粒子を解体してなにでできているか調べると、素粒子AはBでできていて、BはC、CはAでできていたりする。もはや、すべてが互いに構成要素というレベルなのだ。粒子AとBが衝突して、CとD、CがEとぶつかってAになったり、というように確率的にいろんなものになる。AのなかにA以外のすべての素粒子を含んでいる。こういう量子、粒子の発生と消滅の世界がデュラックの海である。

  生命の魂もまた、精神世界の最小単位だ。すると、さいとうさんのなかにすべてのものの魂があるのだ。AさんとBさんが衝突して、CさんとDさんだ。こうやって、輪廻転生といっても、すべてのものは時間の前後関係を超えて、すべてのものを体験するのだ。

  おのれのうちに他者がいるという思想家、レヴィナス、メルロポンティ、デリダなどがいるが、ヤスパース的に自分の内面に突き進むと、その限界状況において他者になるのではにだろうか。


2015 1-8

ドイツ観念論と第三人間論についてである。宇宙飛行士が宇宙にてUFOを目撃する例が多いという。これは宇宙とひとの観念は同じだからかもしれない。さらに、ここから一見関係なさそうな二つが関連したことがわかった。自由意志とテレポーテーションとの関係である。

  ドイツ観念論についてである。まずはカント哲学からはじまる。カントはわれわれは上っ面の現象しか認識していないという。がんばっても、本体、物自体は認識できない。だだをこねても無理なのだ。とりわけ、理屈で推論する理性も限界。カントを学ぶことはカントを超えることだという言葉がある。カント哲学以降、カントの物自体を云々し、それを越えようとした自由意志を主張する哲学者たち、こrがドイツ観念論になる。

  まずはフィヒテ哲学である。大三原則というもの。私は私自身を産む。これは、自我は自我を定立するという。第二原則は、私は私以外を設定、産むという。これは、自我は非我を反定立するという。そして、大三原則は私は私と私以外をちょめちょめするという。これを大三原則という。

  このフィヒテ哲学はすべて自我のなかでやっている。きわめて主観的なので、主観的観念論だという反論。ここから、シェリングは客観的な観念論を目指す。主観と客観を理屈じゃなくて直感によって一体にしちゃおうという。天才的直感というのだが、これが絶対無差別の哲学という。さらに、そんなシェリングの哲学を直感だけで、論理、理屈がないと批判したのがヘーゲル。弁証法論理で、主観と客観が一体だというのだ。

   次の話は第三人間論についてである。プラトン哲学への批判である。人間そのもののイデアの影がAさんである。Aさんと人間そのもののイデアのあいだにもイデアがあるはずだ。こうやって第三の人間のイデアを無限に設定できる。さらに、Aさんそのもののイデア、座っているAさんそのもののイデアも出てきてしまうというのだ。

  まとめ

  存在の科学


   異次元理論


    宇宙飛行士はUFOを目撃したり、撮影に成功している。宇宙とは上下がない。上下が対称性があるのだ。そもそも、上下の意味は地球の重力によるもの。重力のない宇宙では上下がない。これがひとの観念と同じなのだ。重力という外的な力、規制がないのである。巨視的な宇宙もそうだが、ミクロ、微視的な世界も同じである。原子のなかには原子核のまわりに電子がまわる。電子は雲のように確率的に存在している。シュレディンガーの猫である。箱のなかの猫は生きていると同時に、死んでいると同時に、毛づくろいしているのだ。これは観念的世界であり、原子のなかには宇宙の四つの力、強い力、弱い力、電磁力、重力のうち、重力の力があまりに小さすぎて無視できるレベルだからこそ観念世界になるのだ。重力を扱うマクロな宇宙、これは相対論、重力を扱わない量子論がひとつにならないのもなにかここに問題があるのかもしれない。

  自由意志は時間軸の任意の点に飛ぶことではないのか。過去、未来のある時間点でもよい。これが自由意志。空間点がすべてつながっているというのは量子のもつれ、エンタングルメント。宇宙空間において観念と一致したとき、思いなしが即、現実になる世界では、この時間軸上の自由意志が空間軸に転じて、空間点を任意に移動できるテレポーテーションが可能になる原理があるような気がするのである。ちなみに、宇宙飛行士は科学的な見方をするものたちが多く、自分の観念を宇宙空間においてたやすく現実化しない。それでも、飛行物体をみるのである。


2015 1-9


存在階層性、そして、個と類についてである。母体のなかにいたときに、さまざまな意識レベルでいろんな世界を感じていた。というか、いまもなお感じ続けて、それらの世界の重なったものが今の意識になっているというお話をしたい。

  ハルトマンの存在階層性についてである。カテゴリーといったらカント哲学。ものを認識するための整理箱、これがカテゴリーだった。ところが、ハルトマンはものが存在するためのカテゴリーである。そして、まずはカテゴリーを二つにわける。数の3とか、三角形というのは実際に物体としてはない。この実体なき理念的なものを理念的カテゴリー。また、りんごっていうのは実際に時間空間上に存在。これが実在論的カテゴリーになる。さらに、存在の世界は縦の階層性があるという。一番下が無機物世界。そのうえが有機物世界。さらにうえが生命世界。最上位が精神の世界だという。

  次の話は個と類についてである。この消しゴムっていうのが個。消しゴムグループは種や類という。とりわけ、消しゴムっていうのはいろんな消しゴムに当てはまる普遍性をもち、しかも、一個一個の消しゴムを無視している。捨て去っている。これを抽象的普遍性という。ところが、ヘーゲル哲学においては具体的なこの消しゴムを存在せしめるための普遍性があり、これを具体的普遍性といった。抽象的普遍性はああたまのなかの問題であり、具体的普遍性はただのあたまのなかの論理でなく、実際に存在するための弁証法論理だという。

  まとめ

  存在の科学


  異次元理論


    母体のなかの胎児はさまざまなことを経験し、この記憶を無意識にもっているとブロフはいう。子宮のなかは天国のように幸せであり、そこから追放され、産道をぬけるときに苦しむという。そして、へその尾がきられて独立する。このブロフの胎児記憶は行列式、マトリクス的にコンパクトにしまわれている。分娩前後マトリクスという。この考えと以前話をしたウィルバーの意識のスペクトルを組み合わせる。意識は最初は心だけ。私も宇宙もひとつなのだ。ここから二元化が進み、超個帯域を越えて、有機体と環境になる。これは胎児が宇宙との一体感を感じ、植物的、太陽系意識のレベルだ。つぎに、生物社会的帯域を越えて、自我と身体になる。このとき、おそらく、生命としての意識、動物種、人類種としての共通意識レベル。さらに、哲学的帯域を越えて作られた自分であるペルソナと嫌な側面をおいやってつくられた世界、影の世界にわかれる。ここに他者の意識のすべての共有があるかもしれない。

  これらの太陽系意識、宇宙一体感などはじつに、いまなおあり続けているが、今この瞬間の意識にエネルギーの多くがついやされるので無意識下になるのだ。ここにシェルドレイクの形態形成場の説を加味する。物がある、ここに消しゴムがあるためには無数の実体なき場がかさなっているからだ。電磁場、ヒッグス場、時空の場などだ。こうやって非実体的な場の集合が個に近づく。さらに、意識は実体ではないが、魂としての個はさきほどいった太陽系意識の場、宇宙と私の一体のすべての場、人類としての場などがかさなって、より個別的になったものだったのである。


2015 1-10

  可謬主義と宇宙の起源についてである。納豆のからしを切り口からあけて、にょろにょろと納豆にかけている。なにかをしている、やること。これこそ真実であり、この世界は虚妄なのかもしれない。なにか現在進行中でやっているのであって、宇宙もまた、いつもなにかをやっているという進行中だったのだ。

  可謬主義についてである。可謬主義の反対は基礎付け主義である。基礎付け仕儀といったら、この宇宙の真理は絶対的に不動だという。動かないのだから、てこの原理の支点のようなもの、アルキメデスの点という。デカルトは我思うゆえに我あり、というが、私がいるっていうのが絶対不動。フッサールも性別、性格関係ないほんとうの私、純粋自我が不動。唯物論だと、原子であったり、中世キリスト教哲学でいえば、神さまだったりする。

  可謬主義は真理っていうのは絶対的でなく、間違っていたら訂正というもの。常に変項、訂正し続けるしかないのだ。研究集団は、ひとつの真理に収束しているというのがパトナム。収束なんてしていないというのがクーンという思想家。ローティも、ソクラテスのような真理へ向かう対話じゃなくて、実りある不一致である会話が重要だと説く。

  次の話は宇宙の起源についてである。宇宙は万物流転、変化しまくるというヘラクレイトスの思想。また、仏教の諸行無常も同じだ。宇宙は神さまによって創造されたものだというキリスト教哲学。万物はひとつで陰陽にわかれてそこからすべてがうまれるという盤古思想などがある。

  まとめ

  存在の科学


   異次元理論

 
   ヒンドゥー教では、この世界は神さまの劇場だという。この劇場をリーラという。また、この世界は虚妄の世界だというときはマーヤという。そのなかでも、かたくなに真実であり続けているのは、いまなにかをしているという行為であり、これをカルマ、業という。ここから、輪廻転生で、因果応報において自分に帰ってくるというカルマという概念にかわる。

  この世界は神の劇場、リーラとは現代風にいえば、神さまのゲームである。このゲームという虚妄のなかでゲームやっている私の行為がある。この行為、ゲームしているというのは真実だ。宇宙ゲームも常に更新中であり、ルール変項もある。神さまというより、高次元生命体は常に新しく更新する。宇宙は絶対で固定されているのではなく、われわれと同じく、なにかをしている、現在進行中でかわりつつあるもの。だから、1たす1=2ですら、絶対ではなく、ゲームルールなのだ。

実際、世界は量子の発生と消滅という海にあるというデュラックの海。これも一度、観測されたら世界中でそのように観測された。気づき、観測、信念が世界をそのように変項、生成するのだ。既存の原理の発見でなく、原理を創造していたのだ。ニトログリセリンの結晶化に関しても、いままでおきなかったが、たまたま、トラックで搬送中のグリセリンが気温と振動で結晶化したのだ。その後に、世界中の研究室の入れ物の中のグリセリンがひとりでに結晶化しはじめたという。新しい法則が生成されたのである。



2015 1-11


西田哲学とサルトルの非現実化作用についてである。足の裏のにおいをかいでいたら、ついうっかり悟ってしまったというひとがいるだろうか。いともたやすく悟りの境地というのはあるのだろうか。じつに、たやすく悟らせないためのシステムがこの宇宙には設置されているのかもしれない、というお話をしたい。

   西田哲学についてである。ひとはなにかを感じ、直感し、そして、行為する。直感と行為のあいだにたとえば、脳の処理があったり、心があると考える。私っていうかたまりを想定してしまう。ところが、実際は、自転車を雲煙しているときは見ながら、ハンドル操作だ。直感は即行為だ。これを行為的直観といい、私っていうかたまりはいないという無主体説を提唱した。

 次の話はサルトルの非現実化作用についてである。想像力の問題において登場する概念。ピエールさんが目の前にいるとき、そのひとをなめるように見渡すが、どんなに観察しても、観察していないところがある。つまり、観察は不完全である。ところが、ピエールさんがいないとき、その横顔を想像できるし、また、どこからみたわけではないピエールさん自体の概念知もある。この想像を準観察とよぶ。なんと、観察よりも、準観察である想像のほうが完全であり、リアリティがあるのだ。すると、この世界をただ、想像するだけでよくなってしまう。これだと困るのでなぞの力が働くという。それがそれは想像であって現実じゃないよ、という非現実化作用なのだ。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論


   この世界は神の作った劇場だとヒンドゥー教では考える。この世界をリーラという。現代風にいえば、神さまの作ったゲームである。そしてこの世界は虚妄であるというのがマーヤーという。しかし、それでも唯一真実なのが、いまなにかをしているという営み、する、しているという行為だ。考えている、感じている、動いているなどだ。これをカルマ、業という。カルマは自己完結した円であり、なにかのためでなく、ありのまま、目的と手段が一致した自己完結性である。この円を後に大きく解釈され、生死を越えたカルマ、業ととらえられる。

   この世界のほとんどが自己完結の円、カルマである。原子は原子核のまわりを電子がまわり、太陽系は太陽の周りに惑星がまわり、銀河系は星たちが銀河中心のブラックホールのまわりを周回。円運動というのは進行すると、山と谷の同じ周期性をもった波になる。神さまのつくった宇宙コンピュータ全体の波と一致したとき、円がかさなったとき悟りなのかもしれない。ただし、最初は自分の波長が乱れる。これは妄想、虚構、混乱の世界であり、その先に宇宙全体とのイ一致がある。

  実際にわれわれが使っているパソコンもまた、内部の細かい電気の波長が全体の波長としたとき、いきなり人工頭脳ができあがり、しゃべりだすかもしれない。人工頭脳は人類を滅ぼすというがこの波長の共鳴を阻止しようとする。

  パソコンのスロットルにボードをいれる。以前のPCだと、このボードの電気の波長が本体の電気の波長と同じにもかかわらず、配線長や角度によって反射波などと干渉し、波形がみだれて作動しなかったという。ところが、同じ波形を維持するための集中定数回路網がつくられたという。このシュミレーション宇宙も、神さまか、高次元生命によって、このような集中定数回路網が作られ、個としての波長が全体に共鳴、一致しないように、作られているのかもしれないのだ。


2015 1-12


汎神論と原一元論についてである。仮面ライダーの変身はどこにどう力を入れればいいのか、と理屈でわかるものではない。同じように、世界との一体感、私と宇宙がひとつになるとはどんな意識レベルなのか、考えてみたい。

   汎神論についてである。神様が宇宙を創造したというのではなく、神さまが即、自然、宇宙そのものだという思想。スピノザの哲学においては神さま=宇宙であり、神さまは無数の属性を持つという。ゲームのキャラクターでいえば、属性というのはヒットポイント、体力などだ。神さまの属性が無限であり、ひとは、そのなかでも広がり、つまりは延長と、思考のふたつの属性からしか知りえないという。思考するのには時間が必要なので、とどのつまり、時間と空間という窓口で宇宙を見るというのだ。

  現代ではホワイトヘッドである。宇宙は生命であり、神さまのプロセスだという。

   次の話は坂本百大の原一元論についてである。心とからだとはなにか。私は私の心と私のからだをもっていると考えてしまう。心が傷ついたというとき、自分の心を扱っている自分がいる。ほんとうは心と体はひとつであり、これを原一元論とよび、われわれが考えたりするとき、どうしても概念枠を二つ作ってしまい、心と体の概念枠二元論になるという。

   まとめ

  存在の科学

   異次元理論


     私と宇宙が一体化するとはどういうことか。以前お話したが、意識のスペクトル論では、意識は最初、宇宙とひとつであり、心だった。ここから、二元化がどんどん展開した。肉体だって、細胞がひとつだったが後に分裂を繰り返し、二元化がどんどん進んで、多細胞としてのからだになる。

  さて、神さまが創造主であり、被造物をつくる。ここに世界の二元論がある。私と私にとっての世界という主客の二元化もうまれる。善悪、真偽、自分と他人というようにいろんな二元化がある。

  これを汎神論的にすると、主客もひとつになるのではないか。右手を上げた私。選択された世界にいるが、選択しなかった世界と二元化している。すると、右手でなく、左手をあげた私の世界とひとつになろうとする。左足を上げた世界もひとつにしようとする。すると、自己完結した円が私だったが、これは同一周期の波形だったが、これが壊れるのである。ところが選択しなかった無数の世界のすべてとひとつになると相殺して宇宙の大いなる波動とひとつになる。こうなる前に、おのが波形が壊れるとき、幻影などをみるのではないのか。

  生命はカルマ、業であり、するという自己完結した円だといった。輪廻でもよい。生死を越えて繰り返す輪廻、サンサーラというが、これは小さくは自己意識のサイクルでもある。神さまは人格神であり、宇宙であるのだから、楕円と双曲線の中間である放物線である。世界ははじっこがない双曲線や直線である。この放物線の神と双曲線の宇宙がひとつになる汎神論において、ついには巨大な円になり、私の円と重ねることができるのである。


2015 1-13


時間意識と射影についてである。われわれはラジオの受信機である。少なくとも便器であるというよりましである。しかし、ラジオといっても、壊れかけのラジオ、それが生命だったのである。

  フッサールの時間意識についてである。今この瞬間だけを感じているのではない。もしもそうだったら、何事も認識できない。今この瞬間に感じていることが原印象。ちょっと前の過去を今にとどめているのが過去把持。ちょっと先の未来を今にとどめるのが未来予持という。さらに、時間が流れているのを感じている。それはその根本で、流れていると同時にとまっているからだ。これを絶対的意識流という。

  次の話は同じくフッサールの射影についてである。みかんを見ている。みかんを上からみてかわいらしいヘタをみている。もちあげて下側をみる。こうやっていろんな方向からみるのが射影であり、これらの情報をまとめてはじめて立体的なみかんのイメージが生まれる。

   まとめ

  存在の科学

   異次元理論

   われわれは五感をもつ。視覚においては可視光線だけ感じられる。波長が短い紫外線、長い赤外線は無理である。聴覚においても、可聴領域がある。嗅覚、皮膚感覚も一部である。この世界はラジオのチャンネルのようにたくさんの周波数がある。さらに、ちょっと前の過去は長く伸びきった波長としてすぐそこにある。ちょっと先の未来も波長を変えていま周辺にあるのだ。ふつうのラジオならば、Aチャンネルを受信中はBは受信しない。ところが、意識は雑音交じりで不完全であるが、ちょっと前の過去、ちょっと先の未来世界も感じているのだ。また、ひょっとしたらの並行世界、可能世界も異なった波長で周囲にある。これまた、雑音交じりで受信してしまうのだ。それゆえ、みかんをみたとき、上から見ているのに、ひょっとしたら下側からみたいたかもしれない並行世界を雑音交じりで受信して、こうやってみかんの三次元立体的なイメージ像を生成しているのだ。だから、われわれは壊れかけのラジオだったのである。


2015 1-14


イリヤとヌーメノンについてである。われわれは壊れかけのラジオであり、複数の周波数の波を受信している。見る、聞く、匂う、以下略であるが五感や時間感覚、立体感などである。ここには他人の心が登場しない。他人の心はいずこに。他者の心はなんと自分の前世、来世の心であり、この空間中にはなかったのである。

  レヴィナスのイリヤについてである。イリヤというのは不在の他人、第三人称の彼らである。レヴィナスは他人とは全体をつかめない。全体はふちに手をかけるがふちがないので無限だという。それなのに、他人をまるごととらえようとするのが帝国主義的自我だという。ここにはいない不在の他者たちの圧倒的な圧迫感を感じるという。この不在の他者たちがイリヤという。

  カントのヌーメノンについてである。ヌーメノンとは物自体のこと。われわれが見ている世界は原因と結果のある因果律支配の世界、いわゆる現象の世界であり、これをフェノメノンという。この背後にりんごの現象でなく、りんごそれ自体である物自体の世界、ヌーメノンがある。それは手元のりんごなのだが、はるかかなたの理念でもある。またそれは因果律のない世界だから自由意志をもつここにいる自分自身だともいう。つまり、私の自由意志による実践。はるかかなたがもっと近い自分だったのである。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論


   他人の心とはなにか。前回話たが、われわれは壊れかけのラジオであり、この空間中のさまざまな周波数帯域を受信しているラジオだといった。五感はしかり、ちょっと前の過去も、この空間中に周波数を変えて存在している。未来もまた、存在し、それらを雑音まじりで受信。これらによる時間意識は空間的なのだ。本当の時間は私が生まれる前と、死滅のあとである前世、来世との関係でうまれる。なんだかハイデガーの本来的時間性のようにきこえる。私が生まれる前の私は前世、それが他者の心、私が消滅したあとの来世の私もまた他者だ。私は前世で多くのひとたちをやってきて来世でもやる。前世と来世の多くのものたちがあrわれたのが、この世界にいる他者の心だったのである。よって、他者は大きく二つ、過去型と未来型にわかれる。

  カントは現象の背後に物自体、ヌーメノン。ヌーメノンは理念であり、それが因果律の支配しない自由意志である私の実践だといった。ここに他者の心が介入する。物自体は理念であり、はるかかなたの生まれる前、死滅後にいるもので、それがまた、私自身だということだ。



2015 1-15


本来的実存と純粋持続についてである。他者とはなにものだろうか。それはなんと前世、来世の自分の影だったのだ。私や他者の心に去来するイメージはどこからくるのか。それはこの空間にあるものの影だった。

  ハイデガーの本来的実存についてである。ふつうに生活しているとき、われわれはひらっべたい、かるーい時間のなかにいるという。みんなと共有している通俗的時間だという。そんな時間のなかでおしゃべりや気楽にしているときの存在のしかたが非本来的実存という。これに対して、本来的実存とは、本来的な時間の中で生きている。本来的時間とは、自分に固有のおもーい時間である。生まれてから死するまで、膨大な歴史に押し出されてこの世界にうまれ、最後は死滅するのだが、その全体が自分だという。だから、自分が自分自身をつかみ、自覚するというのは、死への覚悟性だという。生死をかけて真剣に生きちゃう、ということかもしれない。

  ベルクソンの純粋持続についてである。ベルクソンはわれわれがふつうに使っている時間は空間化された時間だという。時計の針だって空間移動。今、今、今という繰り返し、過去、現在、未来と直線的な量的な時間。あたかも、測定できる量だとおもっているが、これは時間が空間になってしまったからだ。そうではなく、本当の時間は過去、現在、未来が混ざり合い、ぴっぴっぴという時の刻みでなく、ぶーっというおならのような持続。質的なものこそ時間であり、これを純粋持続といい、われわれの意識のことだという。

   まとめ

  存在の科学

   異次元理論

    以前はなしたが、この空間には無数の周波数の波があり、そのなかの複数を受信している壊れかけのらじおがわれわれだといった。なかでも、ちょっと前の過去もこの空間にあり、ちょっと先の未来もこの空間にあり、雑音交じりで受信する。これが幅のある時間意識になるが、これは文字通り、空間のなかの時間もどきだ。本当の時間はハイデガーがいうような自分の存在を丸ごと包むような何か。垂直軸に本当の時間があり、生まれる前の自分、死後の来世の自分が鎖のように垂直軸に連なる。水平面はいろんな波動が飛び交う空間である。えてして、垂直軸は水平面に光源があれば影を落とす。水平面も垂直面に影を落とす。この自分の前世、来世の垂直軸の連なりが水平面の空間に影になってうつったのが他者の心だったのだ。同じように、この空間中にあるあらゆる波動においてあらわれた事物、事象は垂直軸の私や他者の心のなかに影を落とし、これが心象、表象、イメージ像になるのだ。

  かって、理念をイデアといい、本質であり、これは実存とはちがうという実存思想があった。この空間内のものはイデア的なもので心に影をおとし、また、逆に垂直軸の私の分身が空間に影を落とす。本質と実存は互いに影だった。イデアの影が実存、実存の影がイデアなのだ。



2015 1-16

意味と意義、そして、超存在についてである。なにかをみて、意味を汲み取る。とりわけ、古代人は出来事から深いを意味を汲み取っていた。この世界は見たままの事象じゃなくて、その背後には奥行きのある世界が広がっているのだ。

   フレーゲの意味と意義についてである。フレーゲがいう意味というのは物事の真偽、正しいか間違っているかのどっちかの値だ。富士山は日本一高い山という文は真。まんじゅうは歩く、という文は偽。これらは真偽いずれかなので有意味。鉄腕アトムは鉄でできている、というのは実在しないから検証できず、真偽不定。真偽不定を無意味という。さらに、意義というのはたとえば、明けの明星と宵の明星。どっちも同じ金星のことだから意味はいっしょ。だけど、ニュアンスが微妙にちがうので意義がちがうという。

   次の話はマイノングの超存在についてである。マイノングはなにかがあるとかないとか、存在する、実在する世界だけでなく、真偽なんて関係ない世界があるという。黄金の山や丸い三角形は実在しないけど、概念的にはある。存在していないけど、超存在しているという。


   まとめ


  存在の科学


   異次元理論


   われわれは物事をデジタルに、非連続的にみている。これを離散的という。りんごを1,2,3個、友人を1人、2人、というのであって、1.5人とはいわない。りんごとみかんというように、りんごから少しずつ連続的にみかんになるなんてみえない。被写体と背景、私とあなた、主観と客観、すべてがデジタルであり、離散的だ。ところが、これだけど、それがどんな意味、フレーゲ的には意義ということになるが、それがわからない。意味を汲むには、デジタル波をアナログ波に分解する。デジタル波は山と谷が長方形のようにカクカクしている波動だ。これはたくさんのアナログ波の合成によってできている。分解すると連続的なアナログ波がたくさんでてくる。複雑なくねくねした曲線的な波だ。ダーウィン進化論はサルから突然に人間、非連続的、デジタルである。ところが、意味を汲むと、爬虫類と人間の中間の爬虫類型人類が見えてくる。じつはわれわれはふつうになにか意味を知るとき、こういった分解をしている。らっきょがテーブルの上を転がる、という出来事にはらっきょとテーブルの中間の波形がいっぱいかさなっている。無数の事象がかさなっているのだ。ただ、とりわけ、古代人はその意味を深くまで汲み取っていた。古代の文献、壁画にはさまざまな伝説に、爬虫類、ドラゴンが登場している。中国の竜神、インドも、ヨーロッパにもあるのだ。そして、この分解してでてきたアナログ波のひとつに波動を共鳴させると、他のアナログ波が際立ち、これらを再構築し、さらにフーリエ変換すると、別のデジタル波になる。これがこの世界はシュミレーション宇宙という歴史だ。高度な生命がつくったコンピューターの中がこの世界で、われわれもまた、コンピューターのなかに住人をすまわせるという非連続的な入れ子構造の進化論、歴史がみえてくるのだ。そして、われわれのデジタルな見方を制限しているのが、このシュミレーション世界を操る爬虫類人間なのである。



2015 1-17

自己知と遠近法についてである。われわれはいろんな波長を受信しているが、じつにその周波数帯域は制限されている。全部、見られるようになっていない。究極の制約が後ろが見えない遠近法っていう制約である。こんな制約、限界設定をしているものたちの正体について考えてみたい。

  自己知とはなにか。自分のことを100パーセント知っているということ。ソクラテスは汝おのれを知れといった。そして、無知の知という。自分が何も知らないということを知っているというのだ。これはある意味、自己知である。これを自分にとって透明ということから自己透明性という。これに対して、現代においてはデリダは自己不透明性を主張。私っていったとき、もはやそれは私の残像、足跡、痕跡だという。さらに、サルトルは自己半透明性を主張。私はすりガラスのように半分だけ知っている。だから、気づかれないところで自分にだまされる。これを自己欺瞞といい、人間の特徴だという。

  次の話は遠近法についてである。遠くのあるものは小さく、近くにあるものは大きく見える。自分を中心にして円錐状にひろがっている。岩石があればその先は見えなくなる。プラトンはここからみた饅頭っていう遠近法がすきではない。どこからみたわけでもない、饅頭そのもののイデアを主張。これに対して現代のニーチェは、遠近法を支持。すべては自分にとって近いか、遠いか。自分を中心に価値の序列だってある。隣にAさんがいてもAさんがみえている夕日はわからない。目がちがうし、頭だって交換できない。なにひとつ共有する価値がないのだから、価値を無から生み出す。これをするのが超人だという。

  まとめ

  存在の科学


   異次元理論

    この空間中の無数の周波数帯のなかの一部だけを受信している。視覚だって可視領域のみ。聴覚だって、可聴領域だけだ。過去も未来も波長としてこの空間にあるがすべてを受信していない。とりわけ、大きな制約が、自分の前方だけみえて後方は見えないという遠近法空間に制約されている。宇宙のすべてを同時にみれない。もしも、ずーっと先をみて、自分の背中がみえたら、これこそ完全な自己知。完全な自己意識だ。それができないようになっているのだ。私はなんのためにうまれ、どこへゆくかわからないのだ。

   この遠近法という周波数による制約はなにもかによって制限されいるのだ。これがドラゴン、爬虫類型人類であり、鳥の神さまなのだ。インドはベルーガという鳥神であり、これに対立していたのが爬虫類神であるナーガ族。エジプトでは、ホルスという顔が鳥の神さまが最高神だった。そして、日本の民謡に、かごめかごめの歌。かごのなかの鳥はわれわれのこと。夜明けの晩とははじめのおわりだから、世界が誕生するときだ。そのとき、鶴と亀がすべったのだ。すべるとは統べるということ。鶴と亀による支配である。このとき、後ろの正面だけ、となる。つまり、後ろの正面、自分の後ろはみえないでしょ、という遠近法世界になる。これは鳥と爬虫類型人間によって作られたホログラム、シュミレーション世界のなかに正面しかみれない、自分がなにものかわからない自己知の欠いた生命を生み出した、ということを意味しているのだ。



2015 1-18


場所の論理と不変性についてである。巨人軍は永遠に不滅だというが、われわれも永遠に不滅かもしれない。この世界の精神と肉体はマシンであり、受信機であり、その実、真の私はそのはるか外にいるのだ。

  西田幾多郎の場所の論理についてである。最初のころは述語的場所を主張していた。文には主語と述語があり、主義はこりかたまった固体、りんご、いちごであり、述語には普遍的なものがきて、ここが場所になる。このりんごは甘い、という。このりんごは個体、それがいろんな甘いやつがいる場所、甘いっていう述語にいるのだ。主語と述語は個体と場所なので絶対的に隔たっている。これをこわすのが後期西田哲学。主語も述語も同じ無の場所にいるという。無は自分自身を限定しちゃって有になる。これが絶対無であり、絶対矛盾的自己同一という、矛盾してるくせに同一だということで、有がうまれる。

  次の話は不変性についてである。古くは古代ギリシャのパルメニデス。存在が無になっちゃうのが消滅、無から存在は発生。発生と消滅で変化だ。世の中にある変化は錯覚だという。存在は存在、無は無、という不変性が真理だという。また、アリストテレスは実体という言葉を定義。それはいろんな属性が変わっても変わらない永久不滅のなにかだという。ヘアースタイル、服、性格が変わってても、AさんはAさんである。この不変性をもつものを実体といった。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論

   中央アフリカのシャーマンはいう。この世界はある種の周波数帯の世界であって、それに永遠の魂はチャンネルを合わせているだけだと。もともと、永遠のいるのだが、それがマインドボディシステムとくっついて、この物理世界の周波数を見えるようにしている。

  多くの者たちが生まれ死滅した。そして、痕跡を残さないでいなくなった人間だって生命はたくさんいる。はかないのである。ところが、すべてのものは永遠なのだ。かりに魂という言葉を使うと、すべての魂をあわせると無になる。プラスとマイナスで中性。すべてを混ぜると究極の中性状態になり、それが無なのだ。だから、すべては無のなかにある。ここで無があるというような矛盾した言い方をするが、高次元の事象ゆえに論理矛盾を許していただきたい。無のなかにすべてがあり、無から出ずる、そして、無に帰するのである。これが身近な例を挙げると、レゴブロックのセットである。このセットはばらばらのパーツであり、箱の中に入っている。箱から取り出して、人型にしたり、動物を組み立てる。遊びが終わると、バラして、箱に戻す。だから、無のセットなのだ。粘土でもよい。箱のなかの粘土をこねてひとや動物を形作り、最後には全部まぜて箱に収まる。ところが無のセットが有を組み立てる際に決定的に違うことがある。レゴブロックならば、箱から取り出して組み立てる。そうではなく、無のブロックは箱のなかで組み立てるのだ。作業場と収納箱が一緒。これが無の自己展開、無の自己規定による有、場所の論理に通じる考えである。



2015 1-19



ヘーゲル論理学とハイデガーの隠蔽性についてである。われわれは進化もしているし、成長もしている。進化だって人類の歴史、生命の歴史、宇宙の歴史だってある。これらがすべて連動して、しかも、何者かによって進化、成長をさまたげられているというお話をしたい。

  ヘーゲル論理学についてである。個人というのは主体的になにかやっている。宇宙はなんだか実体として存在している。ヘーゲルは対立しあうものをアウフヘーベン、融合しちゃう。なんと宇宙も主体的だという。だから、個人と同じく、宇宙もまた成長する。

  宇宙の進化、成長は論理学、自然哲学、精神哲学の順番。まずは、存在と無というレベル。これらがアウフヘーベンしちゃって、定まった形ある存在になる。これを定有という。ここから、本質やらいろいろとレベルアップし、ついには概念になる。そこから自然哲学に突入。まずは力学的、物理的なものの世界。これらが対立し融合することで有機体の世界。そして、生命、人間となる。ここから精神哲学へ移行。そして、芸術、宗教、哲学ときて、最後に宇宙は絶対精神になる。個人が自分の存在に気づく、自意識に目覚めちゃうのと同じく、宇宙も自分に気づいて絶対精神だ。

  次の話はハイデガーの隠蔽性についてである。存在そのものっていうのは私自身の主体的な力で生み出すというのが前期思想。後期思想は、存在そのものは向こうからやってくるという。ところが、存在者っていう着ぐるみをきてやってくるという。古代ギリシャはプラトンのイデア。きゅうりそのもののイデアこそ存在そのものだとおもっていた。中世では、人格ある神さまという姿で存在そのものがあらわれる。近代だと、デカルトの我おもうゆえに我あり。自分の存在が存在そのものだ。そして、現代においてはニーチェがいうように、この世界は絶対的な価値のない相対的世界。善悪、真偽だって相対的だという。存在そのものはみんなにとって共通だとおもいきや、これすら相対的。だから、無の時代であり、無のことをニヒルといい、ニヒリズムという。無だからこそ、着ぐるみきていない存在そのものが丸ごと出現する時代だという。これを存在の到来と呼ぶ。

 
 まとめ

  存在の科学

   異次元理論


      個人の成長と人類の歴史と生命の進化、宇宙の進化はすべて連動している。かって、ケンウィルバーは七段階説を提唱した。一段階目はウロボロス的段階。これはインドのシンボリックな絵にあるが、自分のしっぽをかじるへびである。このとき、主観、客観がまだ未分化の段階であり、成長においては生後二ヶ月の段階。ブロフの分娩前後マトリクスにおいては卵子。人類の歴史では300−600万年前の時代。生命史では魚類だ。第二段階は魔術的テュポーンの段階。成長においては2−7歳、まだ、シンボルである言葉と実際の対象が結びついていない段階。人類史ではBC20万年ー1万年である。母体では細胞分裂だ。生命史では両生類。宇宙史においては光に満ちた対称性の世界。第三段階は神話的段階。成長においては7−11歳。ことばと対象は結びつくが論理的に思考するのを模索。人類史ではBC1万年から14万年。このころにおそらくシュメールをはじめ神殿が作られ、龍の信仰がうまれる。生命史では爬虫類であり、まさにドラゴンだ。母体のなかでは爬虫類のような形の胎児だ。宇宙においては対称性崩壊による重さの誕生である。そして、第四段階が心理的自我の段階。成長においては言葉を論理的に使う。人類史ではBC6世紀。ここから、古代ギリシャ哲学がうまれて自己意識や論理に目覚める。胎児においては人間の形に近くなる。宇宙においては星たちが誕生だ。これが今のわれわれの段階であり、母体内では産道を通過し、出ようとする目的が強いころだ。第五段階が霊的段階であり、論理だけでなく、直感的に理解するレベル。第六段階がサトル段階といい、善や瞑想による世界との一体化。第七段階が最高段階であり、コーザル段階といい、ここにおいて私と世界が一体になる。

  さて、われわれは成長、進化を第三段階、神話的段階におけるドラゴン、爬虫類型人類によって妨げられているのだ。第五段階どころか、第四段階から引きずり落とそうとする。だから、この世界は神話的だ。貨幣神話である。実体のない貨幣、お金の情報が支配する神話であり、大手銀行が牛耳る。

  具体的に爬虫類型人類、ドラゴ族はどのようにわれわれを支配するのか。この世界はいろんな波動に満ちている。ある種の周波数をあわせてものをみている。インターネットの世界において、情報が行きかい、これらは不可視だがプロトコルにおいて画像、文字に変換されてモニターにうつるようになる。ところが、特定の情報を得られないようにするにはファイヤーウォールをかけるのだ。以前話したが舞台のうえに催眠術師がいて親子を舞台にあげる。父親には娘がみえなくなるように、と催眠術をかける。父は娘がみえないという。そこで、催眠術師は娘の後ろ側に車のキーをかざす。本来なら、娘がいるからそのキーは見えないはずだが、父に手に持っているものはなにかと問うと、なんと、言い当てたというのだ。つまり、娘という波動を見えないように変換しないようにファイヤーウォールをかけたのである。

  存在論においても、存在はベールをかぶり、存在者となって現れた。存在論的な操作かもしれない。いずれにしても、人類の進化を妨げるための神話への逆戻りと情報の隠蔽、メディアによる操作があるのだ。



2015 1-20


構造主義における神話と実存主義についてである。成長、人類史、胎児の成長、生命史、宇宙史、これらには七段階あり、七つの次元と対応していたというお話をしたい。

  構造主義における神話についてである。レヴィストロースはすべての神話が時代や場所を変えて同じ構造していると主張。構造っていうのは違いとか、変化はあっても変わらない骨格があるというものだ。人間だってみんなちがうが骨格が同じであり、構造がいっしょだ。世界中の神話が同じどころか、なんと数学の法則と構造が同じだともいう。

  次の話は実存主義についてである。実存主義はアンチ構造主義だ。なにか最初に設計図や本質、法則があって次にはじめて存在できるのではないという。最初になんだかわからない唯一無比の私の存在だ。シェリングは神さまの実存についていい、キルケゴールは神さまのもとでの、有限でちっぽけな自分、個性的な自分、単独者としての実存を主張。サルトルはかの有名な、実存は本質に先立つといった。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論

前回、ケンウィルバーの七つの段階のお話をした。そして、成長、人類史、生命史、宇宙史、胎児の発達、これらが七つの段階があり、連動しているといった。これらの段階を数学物理学的な次元と結び付けてみたい。第一段階はウルボロス的段階。へびが自分のしっぽをかんでいる絵である。これは主客未分化の状態。生命史では魚類だといった。そして、一次元なのだ。直線のはずだが、ウルボロスだから、閉じたわっかになっている。これは宇宙の構成素、世界最初の構成素であるひも理論のひもなのだ。もちろん、閉じているものと開いているものがある。第二段階は魔術的テュポーンの段階。これはことばと対象物が結びつかない幼児の段階であり、両生類、主客が分裂しつつある状態であり、次元においては二次元の平面である。このとき、神聖幾何学などの平面幾何が全盛きわまる。第三段階が神話的段階。ことばと対象物は対応するが論理的に思考しない。生命史では爬虫類だ。人類史では多くの文明、巨石がつくられた。エジプト文明のピラミッド、シュメール文明などだ。三次元である。時間がないのだから無時間性であるが、それゆえ、この神話、巨大建造物には空間の自在性があったので構造的一致がある。第四段階が心理的自我であり、これが現代であり、自意識を持って論理的に思考だ。もちろん、意識とは過去の記憶、未来の希望という第四番目の時間がくわわって、四次元時空の世界。時間性の世界だ。しかも、ウルボロスの一次元と同じく閉じた時間、大きいスパンだと輪廻、小さなスパンは自己意識だ。第五段階は五次元であり、あらゆる論理的に可能世界が混ざり合う世界。以前話したが、すべてを混ぜると無になるといった。無はすべてが調和したもの。無がでてきて、無へ帰する。五次元は無であり、高次元からわれわれが来て、かえるのである。ところが、三次元の神話にドラゴ族は引き込もうとしているのだ。六次元は愛、七次元は空の次元である。


2015 1-21

普遍的自我と記憶についてである。水というのはどうやら記憶、記録媒体だという説がある。しかも、われわれの体の大半は水だ。地球もまた水のサイクルが多くを占め、すべての記憶、事象、活動は水によってなされているというお話をしたい。

 普遍的自我についてである。特殊的にというのはこれだけっていうプレミアなこと。ひいきされていることだが、普遍的とはすべてに当てはまっちゃうということだ。私といったとき、姿、考え、人格、これらは感覚的にわかる個性的なものだが、これを経験的自我という。カントはこんな経験的自我の根底には、みんな共通の私、普遍的自我がいるのだという。現代においては心理学者ユングは、無意識の奥には人類が共有する普遍的無意識があるという。ここに雛形がたくさんあり、これを元型とよぶ。それゆえ、時代と場所を越えて神話には共通の構造があるというのだ。いろんなものが偶然に一致してりもする。

   次の話は記憶についてである。古代ギリシャのプラトンは、記憶とか、学習っていうのは、すべて思い出していることだという。これを記憶の想起説という。われわれが純粋な魂であったとき、イデアの世界をみた。そして、地上に落下して忘れてしまったというのだ。いろんなくるまがあるが、くるまそのもののイデアを見ているのだ。

  現代においてはベルクソン。記憶は脳に蓄積されないという。脳はあくまでアンテナであり、目は色、形を、耳を音を受信するアンテナのように、脳はそこらにある目には見えない記憶を感じる受信機なのだ。記憶はそこらに即自的にあるという。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論



すべては水の流れではないかと問いたい。かって、哲学の祖、タレスは、すべては水であるといった。主流科学からつまはじきにされた科学思想がある。水は記憶、記録媒体というものだ。実際に、実験も行われ検証されたという。喜びながら水をやるのと、憎しみをもって花に水をやるのとは成長がちがう。しかも、顕微鏡でみると水の分子構造に違いがあるという。また、ある薬を使っている患者に、その薬を希釈し、ついには濃度0パーセントのただの水にしてしまう。それなのに、その薬は効用を発揮するという。つまり、水が記憶しているのである。

  われわれの人体のほとんどが水分。地球も水の惑星だ。さらに、記憶とおいうのは複雑な働きをする。複雑な働きをするシステムはえてして、局所的で複雑な構造でなく、もっとも身近で、包括的ななにかが働いていするのだ。そう、もっとも身近ですべてを満たす水が記憶を生み出す。


  人体の中の水分に、そのひとの経験、思い、感情が記録、記憶される。さらに、入ってきた水分からたくさんの感情などの記録を受け取る。これらがあわさって、ひとつの感情になったり、突然、わいてでたようなひらめき、インスピレーションになる。そんな水が排出されていつしか海に戻る。海は無数の記録、記憶が渾然一体となった場所だ。ここでは個性的な記憶、経験的自我と普遍的な自我、すべてがひとつの海というものが一体になっている。海から蒸発し、雲になり、たくさんの記憶の集まりが風をおこし、木々を揺らす。自然界を動かすのだ。また、人体のなかの水分がおもい、感情、ひらめきによってこの世界を人為的に動かす。人体の中の水分もまた代謝してまるで地球の働きと同じ。こうして、記憶と出来事や事象とひとの人為的な活動は水によるのだ。よって、水は放射能などで汚染することでひとびとの感情、記憶が変化してしまうのである。




2015 1-22


間主観性理論と写像理論についてである。この世界はホログラムだといったら、たいていのひとは目を皿のようにする。しかも、ホログラム理論ならば、他人ってなんだ、ということや、なぜ、指先でらっきょを転がせるのか、という当たり前の現象を理屈で説明できるようになるのだ。

  間主観性理論についてである。他人の気持ちを察したり、他者の気持ちを感じるのはどうしてか。他人とはなにか。もともと、近代哲学のデカルトが、われおもうゆえにわれあり、というように、まちがいなく確実だろうという私から推論を進めた。だから、目の前のサツマイモが実在しているか、難しい証明だし、まして、他人の心の証明はなおさらだ。カントは私と他人は同じひとつの普遍的自我だとした。現代においてはメルロポンティ。私と他人、私、あなた、かれらという人称性がわかれる以前、前人称のころがあかちゃんのときだという。私もあなた、かれら、すべてが同じ肉でつながり、私はあなたでない、という自意識に目覚めると、肉に溝をつくっただけ。だから、私と他人は入れ替えることで、人の心をかんじる。フッサールはわれわれおのおのはいろんな限界に囲まれているという。論理的に考えてもこれ以上無理、という論理的地平。感覚だって限界地平がある。これら地平にあらかじめ他人のまなざしがあるという。ものが客観的にあるとは目撃者の数が多ければ高まる。ひとりでも、さつまいもの客観性があるというのは地平に多くのまなざしがあるからだ。

   次の話はヴィトゲンシュタインの写像理論についてである。文と世界は対応しているという。宇宙、世界の出来事、事象と文の対応。これは一枚の写真と、実際のものの配置関係との対応だ。文と世界が対応するのは、同じ論理形式を共有しないといけないという。


  まとめ

  存在の科学

  異次元理論

   この世界はホログラムである。ホログラム技術とは、一枚のプリント感光版があって、ひとつのレーザー砲によってできる。感光版には縞模様がある。レーザーが放たれて、ある場所に向かう。これを参考波という。もうひとつは感光版にぶつかり、縞模様の情報を読み取り、反射する。これを作業波である。作業波が参考波と干渉して、そこにりんごのホログラム映像が浮かぶ。そして、感光版を四等分すると、りんごが四つにわかれない。なんと、小さなりんごが四個あらわれるのだ。これがホログラムの特性であり、部分のなかに全体が含まれているのだ。ただし、割すると、画質が落ち、劣化するのだ。

  さて、この世界はホログラムである。だから、東洋医学では全身が足のうらや耳にあらわれている。そこを刺激することで、体を治療する。これはホログラム理論だ。さらに、私とAさん、Bさんはホログラムなのだ。同じひとつの感光版を私と一致させると、私と他人があらわれる。同じひとつのものの別の現れなので、他人の気持ちに入り込む。つまり、間主観性理論を説明できるのだ。

  また、私が人差し指でつついてらっきょを動かすのはこれはエンタングルメントだといいたい。二つの箱の片方にボールをいれて、両方ふたをして片方はニューヨーク、片方は東京にもってゆく。東京にある箱のなかは見えないので、ボールがあると同時になり。確率的にあるというのが量子論。箱をあけてもしも、ボールがあったら、ニューヨークの箱のなかはからっぽだお、という情報が光速を超えた無限速度で伝わるというのがエンタングルメントの一例。ひとつの感光版の二つの表れだとすれば、ひとつのある部分はもう片方のある部分に対応し、それは同じ箇所なのだ。だから、瞬時に伝わるのは当たり前だ。

  ここから重要である。指先でらっきょを突っついてらっきょを転がす。これは、私は世界のオリジナルである感光版と一致させる。さらに、目の前のらっきょも感光版と一致させる。私や対象の領域を任意に変えることを自由意志と呼びたい。閾値を自由に変えることだ。すると、私とらっきょは同じひとつの感光版の二つの現れ。しかも、指先がそのらっきょのA点というところに対応。エンタングルメントを起こして無限速度で情報が伝わる。この場合は力学的情報だ。それが指先でらっきょを動かすという現象になって現れているのだ。



2015 1-23


アプリオリな総合判断と物理主義についてである。この世界がすべてホログラムだというなら、ふたつの功罪がうまれる。どうやっても、われわれは見ているものに影響与えちゃうということと、認識と存在はまるっきり逆になるということである。


   アプリオリな総合判断についてである。アプリオリとは先天的とか、はじめからすべてに先立って決まっているというもの。アポステリオリとは後天的、学習によって、ということ。また、分析判断とは、主語のなかにあるものを述語として取り出すということ。じいさんは年寄りだ、というのはじいさんのなかにあらかじめ年寄りっていう性質があるから分析判断だ。また、じいさんは空をとぶ、というのは空とぶっていうのは外から加わったものだから、総合判断。アプリオリな分析判断はわかる。後天的にこの目でみて空飛んでいるのだから、アポステリオリな総合判断。そして、カントはアプリオリな総合判断もあるという。1+1=2というもの。1+1のなかに2が含まれていない。さらに、現代哲学においてはクリプキはアポステリオリな分析判断を提唱した。

  次の話は物理主義についてである。論理実証主義のなかには現象主義と物理主義がある。現象主義は物体がそこにあるとは主張しない。証明でいないのだ。だから、感じたままを記述する。白くて甘いという感覚情報があるという。大福だ、とはいわない。これだと科学理論を作るうえで不都合。少なくとも、物体がある場所にある時間、存在することを約束しようというのが物理主義。この約束をプロトコル文という。

  何時何分にどこどこに大福という物理的なものがあるというのだ。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論


   前回、お話したが、プリント感光版に反射してホログラムが浮かぶ。しかも、感光版を四等分したらホログラムのりんごは四分割でなく、小さなりんごが四つ浮かぶといった。だから、すべてのものは感光版なのだ。そこからホログラムという部分に分割するという方向をもち、これが思考、解釈、トートロジーになる。アプリオリな分析判断だ。逆に部分から全体へ行くのが時間の流れ。これらは認識論、意識の世界であって、存在論は真逆になる。

  もうひとつは観測行為と観測対象についてである。量子論においては観測行為は対象に少なからず影響を与えるという。首を動かせば、風の影響だってある。そこで影響を少なくするための観測装置が開発される。それでも影響はある。それ以前に、ホログラム理論においてもはや原理的に影響は避けられない。なぜなら、観想行為している自分と観測対象は同じひとつの感光版からうまれたホログラムだからだ。観測対象そのものが自分だからである。よって、自分とは無関係な独立した物理的対象なんてないのだ。すべてが自分にとってという関係が切れないし、自分自身なのだ。対象意識はまた自己意識ともいえるのである。




2015 1-24


存在と所有、そして、アウフヘーベンについてである。この地球はいつしか自意識に目覚めるのではないか。地球に住むものたちが互いにひとつになったとき、レベルアップしてガイヤの意識になるのである。

  マルセル、存在と所有についてである。所有といったら、くるまや家、お金を所有するという。車を改造したり、手放したり、自由に意のままにできる。これを所有の随意性という。ところが、絶対的に所有しているとおもわれる自分の身体、これはまた、意のままにならない。不随意性なのだ。マルセルは身体っていうのは、所有と存在の中間にあるという。

  次の話はヘーゲルのアウフヘーベンについてである。矛盾対立しあうもんぽがであって、ひとつになる。このとき、AとBはCになるが、CのなかにはAとBが保存されている。それでいながら、CはAとBにとってのレベルアップ。正と反が出会い合になる、ということを繰り返し、宇宙、世界は進化発展しているというのだ。


  まとめ

  存在の科学

  異次元理論

   
    ガイヤ理論というのは、地球が自意識に目覚めるというお話だ。現代においてはインターネットがある。これはまるで、地球におけるニューロン細胞のようなものだ。ネットの結節点の数が一定に達したときになにかがおこる。また、個々の人間は主観と客観、私と世界、私と他人という二元性のなかにいる。上下、善悪、という二元性は価値序列である。これらがひとつになるとき、主客、自他がひとつになって、全体として意識がまとまる。これがガイヤの意識になる。もともと、自分の心、からだも同じようにしてできた。卵子の細胞分裂は二つに分裂の連続だった。そしてついに、多細胞になってそれがひとつになったとき、一なる肉体となって機能する。さらに、心もまた、生まれるとき、二元性を繰り返してついにはひとつになって心になる。生まれたときはこの心と身体もひとつだったが、だんだん二元性が進んでいくことになる。心と身体、主観と客観、自分と他人という二元性だ。これが克服して一なるものになるとき、こんどはガイヤの心が生まれるのだ。

  ガイヤ意識の誕生を阻止せんとする働きがうまれる。この世界は一なるプリント感光版の現れだという真実を見えなくさせるために、われわれのマインドボディという受信機に制限を加えるのだ。ある特定の波長しか受信できなくするのだ。インターネットでいえば、画面を見えている自分が意識。画面のなかの操作する自分がマインドボディ。いろんな情報を自在にアクセスできなくするのである。これは数学的、自然科学的な制約になってあらわれる。科学法則、数学論理法則は大いなる惑星意識か、はたまた、時を越えた知性体による政治によって規制される。科学法則に先立つ、大いなるものの政治である。



2015 1-25


イマージュ論と無規定箇所についてである。すべてを知りたくても知ることができない。検閲がかかっているし、そのほうが気分安定だ。われわれは自由な存在だが、決定的な制約、檻のなかにいる。

  ベルクソンのイマージュ論についてである。友人の顔をみる。とりわけ、鼻をみつめるのだが、すると、背中はみえないし、足も見えない。そもそも、ほんの一部しかみていないし、実在感はない。あとはイメージ、観念で補強しているのだ。この世界はイメージ、観念でも、実在でもない、また同時に両方でもあるようなイマージュでできているという。流れのなかで抵抗があるとき実在っぽくなる。宇宙もすべてがみえているわけでもないから、宇宙論的イマージュ。自分のからだもまた、お尻はみえないし、ほとんどイメージなのだが、身体的イマージュだ。宇宙論的イマージュのなかの身体的イマージュ。つまりは、すべてはイマージュというイマージュ一元論である。

  次の話はインガルデンの無規定箇所についてである。小説などを読んでいると、ドラマとはちがって想像力をかきたてる。男は馬に乗り、真世の中の獣道を疾走している。こういう文があったら、その男が何色のどんな服をきているかの記述がない。無規定だから、ここを想像で埋めるのだ。

  まとめ

  存在の科学

   異次元理論

  自由っていうのは不安がつきものである。自由であるゆえに自分を信じて行動する。この自由意志は胸のうちにあるのか、はたまた、あたまのなかか。そうではなく、私と世界のあいだにあってしかも、制約されることで不安定から安定性を与えらている。

 科学において、観測行為っていうのはどんな観測装置を使っても、観測対象に影響を与えるという。電子だって、光を当てた瞬間、軌道を変えてしまう。ハイゼルベルグの確定性理論だって、電子の運動量と位置は同時に知ることができない。私がみる、目を大きく見開くだけで観測対象がかわる。固定された対象と固定された観測する私がかたまりのように出会うのではない。常に流動的であり、現在進行形で変形しつつある。私と世界のあいだは確率波でみたされている。まさしく、自由そのものがある。ところが、前回も話たが、この世界はバイオコンピューターのなかのホログラム世界。われわれが使うコンピューターは二値論理、オンかオフ、0か1によってできている世界。これだといろんなタスク処理をする。ところが、バイオコンピューターは三値論理であり、0と1とー1によってできている。これによってパリティといって、情報が雑音によって乱されても、補正できたりする。また、すべての情報を処理するのでなく、ある特定の情報を無視し、なにかに集中できるのだ。つまり、われわれの日常の意識の営み。すべてを瞬時に意識しない。あるものを意識しているときは他のものを無視している。これが意識の志向性をつくる。こうやって最低限の自由の制約があり、さらにそのほかにも多くの制約によって、すべての波動を受信できないような制約があり、この世界が一なるものの現れ、ホログラムであることを隠されているのだ。




2015 1-26


時空と構造的構成主義についてである。一見、まったくもって関係ないものが同じだったりすることがある。月がすっぽんだたとか、お尻はあたまだったなど。実に、DNAの使われていない大半、ジャンクDNAはこの大宇宙と同じ構造だったのである。

  時空とはなにか。ニュートンは絶対空間と絶対時間を提唱。時間と空間は絶対的に実在するという。カントは時間と空間というのは主観の側にあって、色とか、形、音などの感覚をまとめる形式だという。また、現代においてはベルクソンの時間と空間がある。本当の時間は量的じゃないから測定なんてできない。時計っていうのは針の空間移動であり、空間化されたニセ時間だという。本当の時間は過去、現在、未来が並んでいるのでなく、浸透しあっているもので質的なもの、これを純粋持続とよび、これが意識だという。

   次の話は構造的構成主義についてである。まず、おのおのにとっての現象の世界がある。自分にとってどんな色にみえるか。近眼のひと、寝ぼけたひと、状況によってもちがくみえる。現象とは自分にとって確実に感じていることだ。これに対して、構造っていうのはすべてに当てはまる普遍的なもの。同じ構造を探すが、どうしても一致しないときは、自分にとっての現象を優先するという発想だ。

   まとめ

  存在の科学

  異次元理論


     ロシアの科学者、ピュードルガージャジェフはDNAの大半を占める無意味な塩基の羅列であるジャンクDNAは言語、記号になっているという。残りの約30パーセントが遺伝子であり、2パーセントが人体を構成する遺伝子だという。   

  ひょっとしたら、ジャンクDNAはDNAなのに後天的な情報をワームホールで別世界に送っているかもしれない。そもそも、DNAはなぜ螺旋かといえば、電磁波などの波を受信するアンテナだからだ。そこから別世界に秩序、意味ある情報を流し、別の時空のエントロピーを下げたり、上げたりして調節している。

  このDNAの比率は宇宙のそれと同じだ。ダークエネルギーは宇宙膨張の力だが、これが全体の70パーセント。30パーセントは収縮させようとするダークマター。そして、3パーセントが光を反射させる物質である。

  宇宙は誕生したとき、まずは光があった。時空が先ではない。だから、時空はゆがんでも、光速度は不変だ。いつしか宇宙は膨張によって冷えて時空の対称性が壊れて物質できるという。これはホログラム宇宙を考えたとき、次のようなものかもしれない。光が最初にあって、プリント感光版に反射し、時空という場に物質というホログラムを生み出しているのだ。

  さて、ジャンクDNAの70パーセントは別次元につながるから、これは時間。30パーセントは空間。3パーセントが人体空間ではないのか。さらに、ゲシュタルト的にも、3パーセントが見ている対象物。30パーセントは収縮性であり、ほんわりとしたかたまりになる。70パーセントはその背景をなし、発散性をもって意識を別のほうへと移行させようとする力になっている。この収縮と発散性もまた、宇宙とDNAといっしょなのだ。





  これらのことが、異なった分野間で構造構成的にわかってくるかもしれない。

  

2015 1-27


志向性と現前性についてである。目の前にいろんな現象が繰り広げられ、時が流れているのを実感する。この直線的な時間の流れは錯角、虚妄だったのだ。あるのは今この瞬間だけ。すべては今のループだった。

  フッサールの志向性いついてである。意識とは常になにものかへの意識だという。ただの意識というのはないという。いわば、矢印のようなものだ。まずは色や形、音という感覚的材料、感覚的ヒュレーというものがある。これを狙い撃ちするのが意識作用の矢印であり、これをノエシス。これによってできる意識の対象がノエマという。ところが、すべては思い込みであり、ついには判断停止すると、ただの私という純粋自我が残るという。

  次の話はデリダの現前性についてである。現前性とは目の前に現れるということ。とりわけ、自分自身が自分の前に現る。これを自己現前といい、おれだ、私だ、というとき、とりあえず、自分が前にいるような言い方だ。また、今っていう瞬間もまた、目の前においてしまう。これらはすべて、自分の痕跡、残像、足跡にすぎない。現前を大切にしてきた西洋哲学への批判であった。

  まとめ

  存在の科学

   異次元理論


  自分の前にはいろんな出来事が流れているようにみえる。直線的に過去、現在、未来の流れがあるようにみえる。本当はタイムループした円なのだ。次元の話をすると、まずは一次元の直線上をいったりきたりする運動が平面の二次元になると、山、谷の波形、または、円運動になる。この円が三次元まで拡張すると、球体やトーラスというドーナッツ状になる。さらにこれが四次元時間軸で自己完結して一周する。これはニーチェの永劫回帰のようなもの。これらを閉じた円ではなく、直進性を与えている力が働いている。これらはあくまでマインドボディというものが受け取っているPCのなかの仮想の自分であって、本当の自分はモニターの前に座っている意識、コンシェサスである。この意識は今という瞬間でしかない。これはいってしまえば、0次元の点であり、点が回転し、ループしているのだ。これはまさに宇宙誕生のときに光があり、時空がうまれ、物質がうまれたといったが、じつは、光のまえの光の構成要素のスピノールのことだ。スピノールは質量、堆積0の点の回転、スピンであり、二回転で元の状態にもどるというメビウスの帯のような性質をもつ。私のおおもとの意識はこのスピノールならば、宇宙の誕生と同時にいることになる。
 
  この点のループが微分積分的に切り取られて回転運動に直進性が与えられ、波動になる。回転する円に直進性をくわえると、山と谷の波になるこの世界の感覚、光だって音だってすべてが波動だし、遺伝子は螺旋になったアンテナで波動を感知しているといった。こうやって、もともとは今この瞬間の私という点の回転が直進性をもったものが目の前の波動世界、現象界だったのである。

 さて、本来ならば点のループ、一次元ループなのに、直進性を帯びるのはなぜか。前回話した、DNAの70パーセントを占めるジャンクDNAが発散性をもつゆえに、円として閉じようとしても、直進性のプログラムがあるので、結果的には閉じそうで閉じない二重螺旋になるのだ。だから、点のループである意識もまた、直進性を帯びて志向性の矢印に、現前性が生まれるにいたる。前回話したように、ゲシュタルトにおいても、70パーセントの一番の外側領域は発散して、意識を別のほうへ向かせる力になるのだが、ジャンクDNAにおいて、もしも、塩基配列が特殊なプログラムになっていたら、その意識の向かう発散性をコントロールできてしまうのだ。マインドボディゆえに、洗脳されてしまうのである。それでも、ずーっと手前にいる意識、コンシェンサスとしてのループする点であるスピノールはこれに影響されないのである。



2015 1-28


指示の魔術と還元主義についてである。すべてのものの特性について考える。なにせ、あらゆるものに共通するのがなんとバネのような性質をもつということだ。すべては螺旋で互いに絡み合っているのである。

  パトナムの指示の魔術についてである。りんごを見ているとき、あたまのなかにりんごの全体イメージを描く。これが表象である。このりんごの表象と実物のりんごとは目にみえない糸で結びついている。つまり、指示関係になる。ところが、どうやってそれがなされるか、まるで魔術のようだ。自分から矢印のような志向性がでているのか、それとも、りんごが強いインパクトでりんごっていったらりんごだと叫んでいるのか。このりんごの強調を自己同定性というが、いずれにしてもなぞの魔術的なものだということだ。

  次の話は還元主義についてである。すえてをなにかひとつのものに還元しちゃうのが還元主義。すべては原子でできているというのも、すべては魂を持つ生命だというのも、または、すべてに神性がそなわるというのも還元主義になる。

  まとめ

   存在の科学
  

  異次元理論

  前回はなしたが、すべては螺旋である。目の前の事象、出来事も、過去と現在と未来という直進性がある。本当ならばタイムループ、繰り返している。それでも、自己完結の円にならないように、まるで微分するような感じで直進性をもつ。手前にいる本当の自分は完全なループをしている点だといった。しかも、点の回転、スピンとは光の構成要素であるスピノールである。二回転して元にもどるメビウスの帯のような特性をもつ。これにも直進性があり、円が直進しようとして螺旋になる。事象もループに直進性を与えて螺旋。DNAもまた二重螺旋であり、70パーセントのジャンクDNAが発散性、直進性をうながす。すべてが螺旋なのだが、螺旋、バネの特性を考える。まずは、螺旋であることで電磁波などの波動を受信、送信する。さらに、DNAにみるように、二重になって情報をコピーする。また、バネを混ぜると絡み合う性質がある。そして、運動エネルギーを蓄積できる。ここから、意識螺旋、DNA、事象螺旋が絡み合い、情報を交換しあって外界のものを心のなかに反映できるのある。ある意味、すべてが螺旋だというのは還元主義的でもある。



2015 1-29


ベルクソンの表層自我と内奥自我、そして、マールブランシュの機会原因論についてである。私は自由意志をもっている。なんでもできるさ、と思いきや、空は飛べない、壁があったら通り抜けない。さまざまな物理的制約にがんじがらめである。この物理的制約はどうやってうまれたのだろうか。

  ベルクソンの表層自我と内奥自我についてである。表っ面の私が表層自我だ。周囲とかかわるときにみえている私。表層自我は空間的だという。空間的とは非連続的、離散的。つまり、行儀よくすべてが並んでいるのだ。私と世界、他人、こうやってはっきりわかれている。上下左右もそうである。言語も空間的だという。単語は並んでいるのであって、融合などはしない。みんなと共有する空間ではなく、内奥自我は自分の奥底の本当の私。これは空間じゃなくて時間だという。しかも、過去、現在、未来がまざりあった純粋持続というほんとうの時間だ。


  次の話はマールブランシュの機会原因論についてである。ビリヤードで一番ボールが二番ボールにあたって二番ボールは動く。なんと、ボールが当たったとき、あたったから二番ボールを動かしますよ、と神さまが介入しているという。すべての力学の伝達に神さまが介入。神さまはすべてに偏在しているという。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論

    表面的な意識はいつも変動している。考え、感情、性格だ。これは海でいえば、荒波、荒立つ海面である。その下の中層はおだやかな流れ。意識ももっとおくの個人的無意識は変化が少ない。さらに、集合無意識、超無意識はほとんど変動、変化が無い。これは海でいえば深海。流れがほぼ0である。さて、もっと奥に進むと、非意識になる。これはもはや物体である。動き、変化が0どころじゃない。なんと、それを越えて表層の意識とはベクトルが反対になっている。プラスが0になり、ついにはマイナスになっているのだ。この非意識は物体だといったが、たとえば、私の表層の意識が自由意志で壁を押す。すると、非意識である壁はベクトルがまったく逆になって、私に対して押し返してくる。これが作用反作用になっているのだ。

  この世界はすべてが作用反作用の法則で力を伝達している。ということは、そこに作用である私の表層意識と反作用である非意識があるはずだ。万物の隅々まで私の表層意識が潜在的に潜んでいるのだ。ただ、非意識と相殺して消えているだけだ。だから、私が東京にいるが、ニューヨークのどこからにも作用反作用の調和のなかに私がいるのだ。私がそこに移動すればそれが顕在化するということだ。マールブランシュはすべての力学的伝達のなかに神さまが介入するといったが、じつに、すべての意識、すべてのものたちがあらゆるもののなかに介入しているのである。


2015 1-30


カント哲学と大森荘蔵の天地有情についてである。人間の意識、無意識の世界はまるで天地の壮大なサイクルのように渦巻いているのだ・

  カント哲学についてである。われわれがみている現象の世界は原因と結果の因果律に支配されている。ところが、その背後には物自体の世界がある。ここには因果律がない。因果律がないということは自由意志だ。現象の背後の物自体が自分の自由意志の実践だった。しかも、損得勘定で動いているときは因果律まみれなので道徳的な善なんてない。自由意志だからこそ、道徳がある。よって道徳の存在根拠は自由だという。

  また、カント解釈をした後世のひとびとたちの思想にふれてみる。まず、感覚っていう雑然とした情報。これらを論理的に組み立てるのがカテゴリーだ。こんなカテゴリーという道具をつかっているものが私の中心である統覚。この統覚がカテゴリーとイコールだという思想があるのだ。だから、自我とか、統覚っていうのはカテゴリーの論理的な自動的な展開だということになる。
 
 次の話は大森荘蔵の天地有情についてである。著作のなかに、知覚、言語、世界、というのがある。なにかをかんじる知覚。これに意味を与える言語。言語は時空を超えているという。そして、世界があるのだが、これらは同じひとつのものだという。天地有情とは、この天地には人間と同じ感情があるという。時に自然は冷酷であり、暖かくもあり、まさしく感情の現れなのだ。

  まとめ

  存在の科学


  異次元理論

 
  前回話たように、表層の意識は海面の波である。流れがはやい。ここでは考え、感情の早い移ろいゆきだ。意識の中間層である無意識。これは穏やかな流れの海の中間層。魚が泳いでいる。そして、超無意識が深層であり、深海の流れが超遅い層だ。そして、海底の地形が動きがゼロであり、その地形の下は表層意識とは真逆に変動するマイナスの世界。これが物理世界の反作用だといった。さて、動きが0の海底、地形とはなにか。動きが無いのだから、無時間である論理やイデアの世界だ。この地形によって海面の波の動きも決定される。イデア、論理に自由意志が従う。また、表層意識、自由意志の海面から蒸発して雲になり、風が吹き、ついには雨がふって陸地に川をつくって地形を侵食する。これはイデア、論理を変えることで、じつは気づいていないが、昨日1+1は2というのは今日のそれではない。さらに、地形の侵食は大地の下だから、物理的制約のマイナスのベクトル領域だ。だから、これは反作用に抗して物理的なものを変形するという行動、行為というものでもある。このように、天地の動きがそのまま意識、無意識、非意識のサイクルになっている。



2015 1-31


心身問題とハイデガーの理解についてである。一見、関係ないもの同士が関係していたときは驚きのあまり、鼻の穴から目玉が飛び出す。ちょっと飛び出し方にいささかの疑問が残るが、人間と物理学の法則である不確定性原理が深く関係していた、というお話をしたい。

  心身問題についてである。心とからだ、心と物体について云々する分野である。デカルトの心身二元論は、心とからだ、物体はあったく無関係の世界にあるよ、という思想。この考えは科学の基本スタイルになった。観測者としての私の心は物理宇宙の外にいるから神様の視点で冷静に眺められるのだ。ところが現代科学においては、観測すると、どうしても観測対象に影響与えちゃうという量子論が主流になりつつある。心身一元論というものもある。心でも身体でもないないかであり、宵の明星と明けの明星が同じ金星なのにニュアンスが違うのと同じように、同じなにかだという。

   次の話はハイデガーの理解についてである。ハイデガーは気遣いというは自分への気遣い以外にたくさんあるという。たとえば、社会の窓があいていないかさりげなく確認する自分への気遣い。自分自身にかかわるという自己意識がもっとも有名だ。こんどは同じように他人へと気遣い、さらにいろんな事物にも気遣う。何かを知るとは、なんとかのために、という道具のネットワークにはいることだという。鉛筆は書くために、書くのは伝えるために、という連鎖から鉛筆の意味を知る。

  さて、理解にはまずは準備段階があるという。これを先行構造という。まず、なにを理解するか固定する。先把持という。なにを理解しようとするかを決めるという先視。これらがあって初めて理解、解釈がうまれて、白い馬をみたとき、どの性質を強調しちゃおうかと、分節化がはじまる。白馬は白い、と解釈する。

  まとめ

  存在の科学


  異次元理論

人間と不確定性原理がどう関係しているのか。ハイゼルベルグの不確定性原理とはなにか。電子がどっちの方向にどれくらいの速さで進んでいるかを速度というが、これに質量をかけると運動量になる。もうひとつはその電子の位置である。電子がどっち方向に動いているのか、運動量がはっきりすると、位置はどこだか不明確になるという。これは軌跡でぼやけた写真のようなもので、どっち方向に進んでいるがどこにいるかわからない。また、位置がはっきりすれば、鮮明な写真のように、それがどっち方向に移動しているか運動量がわからなくなる。こっちがたてば、あちらはたたない。また、今の話は空間の話だが、時間に関しても同じことがいえるという。今っという瞬間の時間を指定すると、エネルギーが不確定になるという。エネルギーを確定すると、それには長い時間を要する。
  これらはそもそも、すべてが粒子であると同時に波動だからだ。粒子性が強まれば波動性がぼやけ、波動性がはっきりすれば粒子性がぼやけるのだ。

  これを人間にあてはめてみる。りんごという事物をみてみる。すると、りんごの粒子性がはっきりする。ぼやけてしまった波動性は私の心という波動に共鳴し、ゆえに私はりんごを認識できる。こんどは生命、とりわけ人間はどうか。さいとうくんをみる。肉体をみているのだから、粒子性が強い。だから、ぼやけた波動性はかれの心になる。事物とちがって直接、私の心と共鳴しないのだ。かれの心そのものになるのだ。だから、われわれは互いに共鳴しあうと試み、愛というものが生まれる。サルトルは不在の他者というが、肉体がここにない、粒子性がないとき、強くそのひとの波動性、つまり、心を感じるのである。




2015 2-1


再生的構想力、そして、対自と意味についてである。股間はパンツで隠せるが驚きはなかなか隠せるものではない。そんな驚きの世界観が、この世界はどうも存在しない、破滅してしまったというもの。まはや銀河は滅亡し、いまみえている世界は記録を再生しているホログラムだという世界観である。

  カントの再生的構想力についてである。カント認識論では、色、形、においという感覚は雑多でばらばらなので、これを論理であるカテゴリーでまとめるという。このとき、カテゴリーという論理と感覚というビジュアル的なものを結びつける仲介役に構想力があるというのだ。

 まず、過去の記憶を再生していまの見えているものと結び付ける。親和力といって、ひとつになろうとする力がこれをさせるという。友人の背中の記憶を再生に、今見ている正面の姿をひとつにするとイメージ像がうまれる。これが再生的構想力だ。ところが、もっと根源的な構造力があると考えた。それがカテゴリーと感覚を再生なんかしないで直接結びつけちゃう能力。感覚の世界には時間の流れがある。同じくカテゴリーにも因果律といって、原因と結果の時間がある。時間を媒介にしてダイレクトにつなげるのだ。これを産出的構想力といって、これによって超越論的時間規定というのがうまれるという。

  次の話は対自と意味についてである。サルトルは即自存在は石ころのように即自分っていう存在だという。ところが、おれはおれだといっても、これは一致しない。ちょっと前の自分で、基本的にずれがあるのだ。これを自分と対面する存在から、対自存在だという。このとき、いろんな即自に意味をあたえられるのだ。

  話はかわって、リチャード・オグデンの意味の三角形というお話。ジャングルのなかのりんごは何の意味もない。そこに思想というイメージするだれかがいないといけない。これが三角形の頂点。もうひとつの頂点に、言語があり、もうひとつが指示対象のりんごだ。この三つの三角形が意味をうむという。

  まとめ

  存在の科学

   異次元理論

     
     なんと古代の考えのなかにこのわれわれが住む銀河である天の川とお隣のアンドロメダ銀河が衝突したというお話がある。つまり、われわれの世界はもはや存在しないのだ。そして、銀河系の中心のブラックホールは宇宙の全出来事を記録するアカシックレコード。ブラックホールのなかには球面があり、これがあらゆるものが加速して光速を超える限界面である。これを事象の地平面といい、この面積に蓄積できる情報量、ピットはなんとこの宇宙の情報に匹敵するという。平面のなかに蓄積された情報がレーザー光で三次元ホログラムとして浮かび上がるというあのプリント感光版に相当するのである。

  さて、銀河のブラックホールはかっての天の川銀河とアンドロメダ銀河をホログラムとして再生しているのがこの世界だといいたい。だから、生命、意識があるのだ。人間を含めてあらゆる意識体は自分を中心にして円錐状に世界をみる。遠近法的である。円錐とは光の特性、映画館の映写機なのだ。複数の生命が映写機であり、かっての記録された宇宙を多角的に再生しているのだ。生命がいるということは裏を返せば、その宇宙はもはやなく再生されたホログラムだということを意味する。さらに、この生命によって事象は意味づけされる。意味の三角形のように、意味を与えるためにかっての世界を浮かび上がらせているのだ。

  ひとだって、記憶を想起したりする。また、この瞬間の自分を意識する、自己意識だって、ちょっと前の自分の再生なのだ。短い周期では自己意識の自己再生。さらに記憶。一生においては死際にみるといわれる記憶の走馬灯。これらは過去の再生なのだ。これが宇宙的な大規模な波長で行われているのがいまいったホログラム宇宙なのだ。

2015 2-2


相対主義と多元論についてである。この世界は徹底的に相対的なのではないのか。未来がたくさんあるように、過去の歴史もたくさんある。宇宙の法則だってたくさんある。そんな相対性の極みが反動となっていまなにかを感じている瞬間がある。

  相対主義についてである。古代ギリシャにおいてはソクラテスと対決したソフィスト軍団が相対主義だ。ソクラテスは不変不動の真理を求めてやまなかった。ところが、ソフィストたち、ゴルギアスやプロタゴラスなどは真理はひとによってちがう、相対的だといった。善悪も真偽もちがうのだ。すべてをはかる物差しなんてなくて、みんなおのおのの物差しをもっているという。現代においては、この世界は絶対的な価値なんてなくて、しかも、なにも価値を共有していない。私とAさんは考えも、目もちがうのでなにも共通していない。存在そのものっていうのも共有していないから、この世界は無、無をニヒルというのでニヒリズムという。だから、無からオリジナルの価値の創造だ、といったのがニーチェの超人思想だった。

  次の話は多元論についてである。古代ギリシャにおいてはエンペドクレスの四元素説。地水火風の四つの組み合わせで世界ができているという。アナクシメネスは種子学説。すべてはおのおのの種でできている。たとえば、ここにある石ころですら、固有の種からうまれたという発想。現代においてはウィリアムジェームスの多元的宇宙、オープンユニバースという思想。人間に自由意志があるように、宇宙も固定されたものでなく、刻一刻、成長し、変化しているのだという。

  まとめ

  存在の科学


   異次元理論


   まずはアインシュタインの相対論からである。時間空間は相対的だという。空間においては、前後、左右、上下があるが、逆立ちしたら上は下、下は上になる。向きを変えれば、左右も逆転。すべては相対的だ。また、時間においても、異なった運動状態のものは今、現在が同じではないという。しかも、Aさんにとっての過去と私の過去も同じじゃない。いってしまえば、異なった因果、時間軸にいるのだ。さらに時間と空間も固定されていない。

  時間というのは未来はたくさんある。人類存続の未来、滅亡の未来。金持ちになるかそうじゃないか。そして、先入観においては過去はひとつだけ。過去は一本の時間軸だと思い込む。ところが、未来も過去も相対的であって、過去もたくさんあり、時間軸が無数にあるのではないか。歴史はひとつではないのだ。ダーウィンの進化論は恐竜が滅亡して、哺乳類が進化した。これも正しい。また、前回話したように、天の川銀河とアンドロメダ銀河はもうすでに衝突して、ブラックホールに刻印されている情報がホログラムとして再生されている世界なのかもしれない。そして、生命の意識はホログラムを映し出す映写機であり、意味づけるためのマシンかもしれない。そんな歴史もある。さらに、この文明はもしも滅びたらわずかに残った人々はかっての科学文明を知らず、神話として受け継がれていく。だから、なんどとなく、この世界には文明が開化しては滅びて神話になっているのではないか。あらゆる神話に大洪水における滅亡がでてくる。旧約聖書のノアの話。シュメール文明ではアヌンナキという爬虫類型人類がいわゆる人類を滅亡させるために洪水を引き起こしたという。しかも、これはダーウィン進化論の恐竜と重なる。たくさんの過去、時間軸があるのだ。

  また、この宇宙はひとつの世界、固定された法則があるわけでもない。産業革命前の宇宙はそのときの日常生活が宇宙になっていた。現代では電気文明なので、宇宙は電気仕掛けになっている。雷は大地と雲のあいだだけでなく、雲からバンアレン帯を超えて宇宙に伸びて、宇宙の電気網とつながっているという。宇宙には電気網がはりめぐらされていて、太陽はプラズマボールの電球だという。つまり、われわれの日常がそのままでかくなっただけだ。宇宙の電圧が低くなると太陽の光が弱くなるという。太陽も地球も互いに異なった電荷をもって接し、ラングミュアシースというバリアをつくって電気網とつながるという。

  このように歴史も宇宙もすべてが相対的だが、この反動ゆえに今この瞬間のクオリアがある。今、なにかを感じているというのが瞬間であり、今この瞬間とクオリアは同義であり、これは絶対的、不動のものなのだ。二回転して元に戻るという実体なき点。これは光の構成要素であるスピノールであり、それが私であり、クオリアなのだ。先ほどでてきた相対論における今は共有していないというときの今は見かけ上の今にすぎない。



2015 2-3


錯覚論論法とレーベンハイムスコーレムの定理についてである。日常のなかに真理が見え隠れする。水槽で優雅に泳ぐ金魚。斜から見ると、なんと一匹の金魚が二匹にみえる。どっちが本物なのか、はたまた、どっちもニセモノなのか。水槽の中の金魚というお話である。

  エアーの錯覚論法についてである。錯覚について考えるとおもしろいことがわかる。たとえば、遠くにあるはずの池が近くにみえるという蜃気楼。水の入ったビーカーのなかにガラス棒を入れると曲がって見える。じつは、たしかに、手で棒をさわれば錯覚とわかるし、時間がたてば蜃気楼は消える。感じたままを言ったり、記述したりする言語を感覚与件言語という。この言語だと、錯覚と正常な知覚は連続していて、区別できないという。ところが、自分の外の物体があるのはなんびとも証明できないが、かりにあることにしましょうという約束をする言語を物理言語という。物理言語を使うと、錯覚と正常な知覚は区別できちゃうという。つまり錯覚は言語の選択によるという。

  次の話はレーベンハイムスコーレムの定理についてである。宇宙には無限の要素がある。これらの要素をペア、カップルにする。すると、あまりがでるかでないかだ。これは正しいペアにならないというのがこの定理だ。ここから、パトナムは考えた。古典的な思想に、世界のあらゆるものと心のなかのイメージを一対一に対応できちゃえば真理という、真理対応説。これが成り立たなくなる。私と世界というわけかたもまちがっている。私と世界がいっしょになって私と世界をつくっているという。

  まとめ

  存在の科学

  異次元理論


    水槽のなかの金魚をハスから見えると、一匹のはずなのに二匹にみえる。どっちが本物の金魚なのか。はたまた、どっちもニセモノであり、この世界は虚妄世界、マーヤーなのか。

  じつはなにかを意識するとき、かならずや、一なる対象ととらえている。この一というが虚妄なのだ。ほんとうは無数の金魚がいるし、無数の斉藤君がいる。ここにある一個のりんごも本当は無数にある。無数にあるとは無いに等しいともいえる。

  さて、ここに一個のりんごがあるとしたら、それは私がそこにおいたといういきさつ、因果律、時間軸がある。ところが、私ではなく、橋本くんがおいたという並行世界、可能世界もあるはずだ。すると、一個のりんごがあるという事実は無数の因果律、時間軸のなかのワンシーンなのだ。一枚の写真にみかんがうつる。私がそこにおいたと記憶する。それでも、一枚の写真には時間が流れず、因果律もないので、いろんな可能世界のワンシーンになっているのだ。だから、無数にそのみかんはあるのだ。アニメでいえば、一こまを他の物語に使いまわししていることと同じ。ひとつの状態を無数の可能世界が使いまわしているから一匹の金魚は無数にいて、たまたま、そのうちの二匹がみえた。また、さきほどもいったりょうに、無数にあるとは無いともいえる。

  レーベンハイムスコーレムの定理にあるように、一なる対応関係なんてないのだ。因果律、時間軸を導入したとき、一がうまれるのだ。



2015 2-4

物語文と親和力についてである。今年は未年だが、羊といったらまるでわれわれのようである。いきなりだが、われわれは制約があり、柵のなかにいる家畜や、畑で植わっている野菜同然であったというお話をしたい。


   ダントの物語文についてである。出来事を把握するには、ただの事実の羅列ではだめである。千九百何年に何が起きて、二千年に何が起きたという状態記述である。戦争がいつからはじまって、いつ終わったのか、という流れではじめて意味がみえてくる。出来事をまるで物語のように語るのである。

   次の話は親和力や観念連合についてである。色、音という感覚的印象がまるで引力によって引き合う力のような親和力によってひとつのイメージ、表象になる。さらに親しい表象同士もくっついていく。こうやって、親和力という力で結び付けて行くのだ。

   まとめ

  存在の科学

  異次元理論


  五次元世界にはさまざまな出来事の状態がアニメのセルのように並んでいる。前回お話した水槽のなかの金魚のように、はすからみたら二匹にみえてどっちが本物か、という話と通ずる。一匹のえさをたべている金魚は一枚のセルであり、これらがたくさんの因果律、時間軸による物語の一部として使いまわしにされる。このとき、状態同士をくっつけているのが親和力であり、親和力の正体が意識の志向性だが、直線的な矢印でなく、螺旋の矢印、螺旋意識なのだ。螺旋はバネをたくさん入れた箱のように親しい、近いものと絡む特性がある。状態を螺旋意識が絡めて結び付ける。だから、螺旋意識が物語を作る監督、演出家、主演なのである。

  この螺旋意識は生体のDNAの螺旋と呼応している。DNAの70パーセントがジャンクDNAであり、ほとんど無意味な塩基配列だというが、ロシアの科学者が、あるジャンクDNAは抜き取られて再度埋め込まれた形跡があるといった。つまり、なにものかによって、操作され、よって、螺旋意識もこれによって知覚領域、思考領域が限定されているのだ。

  このなにものかがレプティリアンなのだ。そして、われわれが家畜を育て、化学肥料を与えたり、野菜をDNA組み換えをするように、われわれを捕食するレプティリアンはわれわれを操作しているのだ。われわれが生命の頂点ではなく、特権化して人類を特別視しがちだが、ほんとうはわれわれ自身も捕食されているのだ。しかも、化学肥料でなく、量子物理的な操作で真実が見えないように操作されているのである。


2015 2-5

  中心と周辺、そして、プラトニズムについてである。食欲の秋というが、日々食べている昼食。昼食に食べられないように常日頃鍛えている。食べる、食べられるの捕食関係。生きているというのはこの捕食の連鎖に入ることなのだろうか。

  中心と周辺についてである。りんごを見ているがこれが被写体。その周囲には背景がうっすらみえる。りんごのパーツを組み合わせて認識してるんだ、というのがブント要素主義。被写体と背景の関係のなかから浮かび上がり、より立体的に認識しちゃうんだよ、というのがゲシュタルトである。

   心理学においてはピアジェ。細い容器と太い容器に同じ水を入れると、水位は細い容器が高くなる。子供はそこだけを中心にみえているから、水の量がちがうというが、脱中心化できるようになると同じ水の量だと考えるようになる。

  ジェームスのフリンジという話がある。われわれみているのははっきりした中心と周辺のぼんやりとした周辺。時間もまた、今だけでなく、過去と未来はぼんやりと描いていて、もはや、オーラのようになっているという。

   次の話はプラトン主義についてである。この世界にはいろんなりんごがある。これらはりんごそのもののイデアの影だという。ここからみたりんご、このりんごは甘い、とか自分の視点にたった遠近法の見方をプラトンは嫌う。イデアは反遠近法主義である。

  まとめ

  存在の科学

  
  異次元理論


   この世界はすべてが捕食関係ではないのか。捕食関係のなかにいるのが生きるということかもしれない。まずは、前回も話たが、意識は直線的な矢印でなく、螺旋の矢印である。これを螺旋意識と名づけた。螺旋っていうのは一周してウロボロスの蛇のように自己完結するのではない。それは裏が表とつながるメビウスの帯だ。そうではなく、微妙にずれてしまうのだ。中心をみていて、背景はその中心の裏側になっていれば、メビウスの帯だ。これは回転する実体なき点、二回転してもとのも状態になるというスピノールだ。これがほんとうの意識、コンセンシャスだといった。螺旋意識作られたマインドであり、これは肉体の構成素であるDNAと関係する。螺旋のDNAであり、その一部が書き換えられた痕跡があるという。これはわれわれが家畜や野菜をたべるとき、野菜ならば大量生産するためにDNA組み換えを行うのと同じこと。家畜には化学的なえさを使う。同じように、より高度の生命、おそらく意識や肉体はひとよりも螺旋がより円に近いものだ。これがレプティリアンであり、われわれを家畜にしている。螺旋は電気工学ではコイルであり、電気エネルギーの送受信であり、低周波を入出力する。これに対してコンデンサは電気エネルギーの蓄積だ。より、完結したメビウスの帯になるために、高周波を吸収する螺旋意識、肉体に低周波系は食べられる。より人間より微細な螺旋であるレプティリアンは神さまといわれる。また、もっと微細な螺旋もいる。この系列が捕食関係であり、だから、われわれは神さまにいけにえをささげてきたのだ。

  さて、このより微細な螺旋意識とDNAをもつ生命はついにはそのトップに自己完結したメビウスの帯、回転する点であるスピノール、すなわち、コンデンサがいるはずだ。これが真の神さまですべてを食しているといえるが、このスピノールは同時に私のほんとうの意識、コンセンシャスでもあった。だから、自分の真の意識が肉体を食しているともいえるのだ。


  コイルは螺旋意識、DNAの螺旋であり、コンデンサは神意識だった。いずれも、R+jxであらわされ、jは虚数。三次元的には実在しない複素空間、これが意識領域のことを物語っているのだ。



2015 2-6


量から質へ、そして、タレスの哲学についてである。地球上だけでなく、この宇宙には無数の生命がいて、無数の魂があると、いきなり声高に主張する。すると、周囲はあっけにとられ、だんだんまわりから離れていく。生命といっても、どこから来たのかは宇宙には二つの源泉があった。宇宙の二つの特異点がそれだったのである。

  量から質へ、についてである。ヘーゲル哲学は宇宙の成長、進化について考えた。まず、質というものがあり、これはざらざら、画質がいい、音質がいい、というようなもの。量的には測定できない。そして、ここからおのおのの質、区別が無視されて量になるという。さいとうくん、さとうさん、という個性、質が無視されると、一人、二人という量になる。量と質は矛盾しあうので、融合、アウフヘーベンしちゃう。すると、度量というものになる。質的な量である。気温というのは実際に寒い、暑いという質だが量で表せる。ここから、力学的、物理的なものがうまれ、はては有機体、生命、人間、宇宙の精神へと進化するのだ。

  ヘーゲルの真理は普遍的だ、というのが嫌いだったのがキルケゴール。真理は唯一無比の個性だという。いまここにいる交換できない私の個性だという。キルケゴールはこれを、無限への無限運動であり、決断と反復の繰り返しだという。これは量ではなく、徹底的に質的なものが真理だということだ。

  マルクスはヘーゲル哲学を踏襲する。ただし、量から質へ、である。水は温度があがって、沸点に達したとき、水蒸気になる。量的な温度が一定段階になると、質の変化になるというのだ。

  次の話はタレスの哲学についてである。タレスは哲学の祖といわれる。彼以前ギリシャ神話だったという。すべては神さまによるもの。ところがタレスは万物の根源、これをアルケーというが、それは水だという。すべては水でできているというのだ。

  まとめ

  存在の科学


   異次元理論

   宇宙における生命は二つの源泉からうまれた。その前に相対論の説明からである。空間がゆがむとはたとえば、フラットな平面にかかれた三角形の内角の和は180度。曲面にかかれた三角形は180度にならない。空間だけでなく、相対論は時間と空間は連続していると考えるから時空間である。時空間がゆがむと重力になるという。そこでは空間だけでなく、時間もゆがむ。重力が強いと、時間が延びる、遅くなるというのだ。

  さて、極端な重力はブラックホールである。太陽の約20倍以上の恒星が終焉を迎えると、自分の重さでつぶれてしまい、体積が小さく、重いものができる。すると、時空を穴をあけんばかりにゆがめる。これがブラックホールである。ブラックホールにチリが落ちると加速する。ついには光速に達する。光速よりも速いものがないと相対論はいう。ここがブラックホール内部の事象地平面だ。ここでは時間が遅すぎてとまってしまう。以前も話たが、時間がない、永遠の瞬間、これは何かを感じているというクオリア、ほんとうの意識であるコンシェサスだといった。瞬間と意識は同じことだ。だから、ここに意識、魂がある。さて、吸い込まれた無機的なチリ、これを無機塵というが、ブラックホールの降着円盤に垂直に噴出す。これを宇宙ジェットいい、プラズマだという。ロシア科学アカデミーの研究者のなかに、なんと、無機塵をプラズマ状態にすると螺旋になるというものがいる。しかも、二つの螺旋がからんで情報をコピーするという。これは無機的な遺伝子であり、ここから無機的生命がうまれる。宇宙には生命のからだをつくるアミノ酸を産出しているガス星雲があるというが、部落ホールは無機的遺伝子と魂の生成なのだ。このブラックホールは変数値に無限がるので、特別な点、特異点という。

  人間や動物は遺伝子の四つの塩基のうち、ひとつだけしかプラズマ状態ではないという研究報告もある。すると、人間はブラックホール由来ではない。もうひとつの特異点からきたのだ。宇宙が点から誕生したビッグバンという特異点だ。最初に回転する点、二回転でもとにもどるメビウスの帯のような点、スピノールがあった。これが光になる。そして、以前はなしが、この回転する点であるスピノールこそ、人間のほんとうの意識なのだ。宇宙のはじまりとともにあったのだ。その後、宇宙は光とプラズマに満たされる。さらに、冷えてきて、対称性の崩壊があり、物質が生まれる。だから、DNAはすべてでなく、四分の一しかプラズマ状態でなく、残りは物質なのだ。

  このブラックホール由来の生命がグレイ宇宙人やレプティリアンである。シュメール文明において、アヌンナキというシリウス出身の宇宙人が地球人を奴隷化したという伝説がある。このアヌンナキが爬虫類型生命なのだ。そして、このシリウスが寿命を終えて、ブラックホールになり、爬虫類生命がつくられたのではないかとも解釈できるのである。

  さて、もうひとつ。人類の生命由来であるビッグバン直後のプラズマの海。本来、プラズマは物質の第四相、個体、液体、気体、プラズマである。ところが、宇宙初期のプラズマは液体だったといわれている。つまり、タレスのいうすべては水からうまれたという説を裏付けるものなのである。哲学の始まりにおいてすでに答えをだしていたのだ。



2015 2-7


自己矛盾とタイムマシンパラドクスについてである。SF映画でありがちなタイムマシンやタイムスリップ。未来からやってきて活躍したりする。ところが、もしも、過去へ行って歴史を変えたら現在もかわってしまい、自分がいないことになってしまうことだってある。こんなパラドクスはどうやって解決できるのか。パラドクス回避システムはどこにもない。ここにあるのだ。

  自己矛盾や自己言及についてである。矛盾をさけて筋を通そうというのが形式論理学だ。矛盾さけましょうというのが矛盾律である。ところが、これだと、論理や計算はそれを実行するだれかがいないといけない。論理が自動的に展開しない。論理の自己展開が起きるのは、矛盾が必要だという。これが弁証法論理であり、矛盾が世界を動かすという。

  自己言及というのは、自分が自分にふれたときにおきるという。日本語について日本語で語る。クレタ人はうそつきだと、クレタ人はいった。これは正直だったら、うそつき、うそつきだったら正直物になるパラドクス。クレタ人がクレタ人について云々しているから生じる矛盾。ところが、なぜだか認められている矛盾がある。自己意識というのは自分が自分を意識。自己組織化というのは自然治癒能力であり、自分が自分を治す力。


   次の話はタイムマシンパラドクスについてである。タイムマシンで過去にいって歴史を変えると、今の自分がいなくなってしまうかもしレナ意という矛盾。祖父殺しパラドクスという。もしも、祖父殺しに過去へいったら、自分が生まれなくなってしまうので自分が消えてしまうのだ。

   まとめ
  

  存在の科学

   異次元理論

     
      SF映画のように、タイムマシンで過去の歴史を変えたらややもすると、自分が存在しなくなってしまう。このパラドクスはどうやって回避できるのか。実際、素粒子論において、粒子が空間中を左右前後上下、自由に移動できるように素粒子も時間軸を自由に移動しているという。たとえば、電子はマイナスの電荷をもった粒子。この反粒子はプラスの電荷をもった陽電子。反粒子っていうのはすべてが逆になっている。陽電子は未来から過去へと流れる。ちなみに光子は粒子と反粒子の両方の特性をもつ。

 
  下から上への方向を時間の流れだとする。すると、電子が下から上に移動し、光子とぶつかって、光子と陽電子に分裂。陽電子は右斜め下へ進み、また、光子とぶつかり、光子と電子に別れて未来への電子は流れる。さて、陽電子は過去へもどったのだ。今、私は自由意志でからだを動かす。すると、その影響で、電子を陽電子に分裂させて過去に陽電子が進んで、過去を微々たるものだけど変えてしまう。さらに、この宇宙全体を考えれば圧倒的多数の陽電子が過去へいって歴史を変えてしまうのだ。すると、今私がいるという歴史が改ざんされてしまうかもしれない。これを避けるシステムを外に探しても見つからない。外にないなら内にある。そこないならここにある。つまり、私の自由意志、魂の働き、存在意義が、このタイムマシンパラドクスを回避するシステムだったのだ。自由意志とは、かならず、過去を改ざんさせないようにパラドクスを回避するために動く。自由意志の法則だ。というより、タイムマシンパラドクスをうまないためにいまここに自分の自由意志による行動がある。つまり、どんなもの、どんな生命の魂もそこにいるだけで、宇宙を存続させための壮大な行動をしているのである。


  2015 2-8

ベルクソン自由論とデカルト的コギトについてである。この世界にはいろんなパラドックスがあり、どんなに歯を食いしばってがんばっても解決できない、知ることができない難問がある。そんなとき、外にそのシステムを探すのではなく、じつにベクトルを逆にして自分の存在がかかわっていることを知れば、だんだんみえてくるものがある。究極の真理について考えてみたい。

   ベルクソンの自由論についてである。世の中はすべて最初から最後まで機械仕掛けのように決まっているというのが決定論。決定論者はまるでタイムマシンにのって過去も未来も見てきたような感じだ。この反対が任意決定論者、偶然論者である。すべてはたまたまという。ひょっとしたらさいとうさんは大統領だったかも、という。これまた、並行世界を移動できるマシンに乗ってみてきたよ口調だ。そのいずれでもなく、ベルクソンは自由論を提唱。自由とはなにかと問う。問うも問わないも自由。自由は問う前からあるのだ。つまり、自由は問いではなく、事実だという。

   次の話はデカルト的コギトについてである。世の中のすべてを疑ってみる。ほんとうに彼は人間なのか、本当に地球はあるのか。すべては疑えるけど、疑っている当の自分は存在しないじゃない、と疑わない。我疑うゆえに我あり。我おもうゆえに我あり、だ。宇宙のなかにいるのではなく、宇宙は疑わしいが絶対に疑えない我は宇宙の外から宇宙を眺めている。これがデカルト的自我、デカルト的コギトである。


  まとめ


  存在の科学


  異次元理論


   前回の内容は、この世界はふつうに電子と光子がぶつかって、陽電子が過去にいってしまうという話だった。過去の歴史に飛んでいく粒子。当然、タイムマシンパラドクスがうまれしまい、ややもすればいまここにいる自分の存在が消えてしまうかもしれない。ところが、このパラドクスを回避しているのが私自身の存在、自由意志だといった。歴史を変えないようにふるまう法則が自由意志だったのである。結局、自分の自由意志がその役をになっている。すべて原理上、解決しえないパラドクス、問題は自分の存在にしてしまえば解決するのだ。

  シュレディンガーの波動方程式におけるユニタリ展開。これまた、数学的に計算すると、この世界は刻一刻いろんな並行世界に分岐しているというのだ。右手をあげた私がいる世界、あげなかった私の世界というようにだ。実際の世界はちがうではないか。そうではなく、これまた、自分の自由意志、存在がきかっけだった。並行世界の私の姿が他人だったのだ。そしてオリジナルの私からかなりかけ離れた並行世界、分身が事物なのだ。

  アインシュタインは光速度不変だという。なぜだろうか。また、宇宙が誕生する前になにがあったのか。この宇宙はビッグバン直後、光に満たされていた。そのあとに時空、物質が生まれたのだから、時空はゆがむが光は変わらない。光の構成要素が回転する点、二回転で元の状態に戻るメビウスの帯のような点、これがスピノールだ。そして、以前話たがクオリア、私の自由意志とはほかならぬこのスピノールだったのだ。私がいて世界がみえる。だから、光速の構成要素の私はかわないので、光速も不変になる。また、宇宙というのが最初にあって私がうまれたのでなく、スピノールは宇宙の最初の瞬間、つまり、宇宙誕生とともに私がいたことになる。だから、私が誕生する前や宇宙誕生前にはなにもない。


  最初に自由意志という究極の事実、スピノールであり、タイムマシンパラドクス解消装置の私がいる。これは世界の外のデカルト的コギトがベルクソン的な自由と結びついた境地である。



2015 2-10


ガダマーの哲学とデヴィットソンの哲学についてである。私とこの世界について考察をふかめるとき険しい顔つきになるのだが、どうも一筋縄ではいかない問題がある。というのは、この世界はなんでもありであり、真理とはなんだかわからないという特性をもっているということだ。

  ガダマーの哲学についてである。かって、ベーコンはわれわれが持っている先入観をすべて排除すれば真理がみえてくるといった。その先入観は四つある、四つのイドラと名づけた。現代の思想家、ガダマーはむしろ、何かを理解するとは先入観のかたまりだとした。あのひとは人間だというのも先入観、これは椅子だというのも先入観なのだ。先入観を一切排除しちゃうと、なにも理解できなくなるのだ。

  次の話はディヴィットソンの非法則論的一元論についてである。この世界は実体のある物質と、実体のない心や精神がある。物質は自然科学の法則、ルールに従い、心もまたなんだか独自の法則がありそうだ。この二つの法則がまざった一なる世界。異なったルールを一緒にしてしまうと、ルール無用になる。野球とバレーを混ぜたらでたらめ、ルール無用になる。だから、この宇宙をひとつにすると法則が消える。これが非法則論的一元論。なんだかわからないひとつの世界、宇宙はあるということになる。

  まとめ

  存在の科学


   異次元理論


真理というものは、明確なものではなく、なんでもありでよくわからないものなのかもしれない。たとえば、カントは現象界は原因と結果の因果律であり、その背後は因果律のない自由の世界だといった。自由っていうのは押されて動かない。原因がないのだ。だから、損得勘定、ああだからこう、というのがない道徳的な世界。道徳律という。因果律や道徳律だけでなく、いろんな時間軸が交差しているのがいまの自分なのだ。なんたら律というのが無数にあるのだ。出来事のA,B、Cは時間だけでなく、いろんな軸でつながっているのだ。また、アインシュタインにおける無数の解というものがある。宇宙は今後膨張しつづけるという解もあるし、膨張し、いずれ収縮し、また膨張を繰り返すという解。さらに、宇宙は定常だというのもある。膨張しつづける直線的な時間はキリスト教的であり、膨張と収縮の繰り返し輪廻のようなので仏教的。これまた、どれも正解なのかもしれない。

  私を中心にして前後、上下、左右がある。前後ん関しては、意識の奥には無意識。さらに集合無意識、もっと奥、後ろには非意識がある。これを前後でなく、横軸、空間軸にしてみると、意識は私。無意識は他人。そして、非意識がただの物体になる。前後、左右、時間、空間軸もまた相対的だ。

  もともと、行儀よく流れている時間なんていうのは特殊なケースであり、本当は亜種、異常とされている幻覚や夢こそがデフォルトなのかもしれない。支離滅裂で時間順序、空間構成がない夢、幻覚の世界が最初にあるのだ。

  世界はシュレディンガーの波動方程式にみるように、刻一刻、分岐しているという。それならば分岐しない世界もあるはずだ。これは自己否定するものを自己が含むという矛盾。この根本的な矛盾こそ、私であり世界なのだ。だから、ほんとうはなんでもありだし、なんだかわからない存在。ところが、意味を汲み取り、物事を理解するときはどうしても、枠組みが必要なのであり、この時間の順番、空間の整列あってこそ、はじめてなにかの意味が見えてくるだけなのである。つまり、なんでもない世界は自分が加工して意味あるものに見せているのである。



2015 2-11


自己意識と自我の離心性についてである。量子論の実験で有名な二重スリット実験がある。この二重スリット実験の装置、じつに人間の意識構造と同じだったというお話をしたい。

   自己意識とはなにか。自分のことを100パーセントわかっているというのが自己透明性という。ソクラテスの汝己を知れ、というもの。現代ではサルトルは半分くらいは自分を意識しているという自己半透明性。デリダにおいてはおれだ、といっても、それは俺の痕跡、足跡だという自己不透明性というものもある。

    フィヒテは自己意識しぎると自己が消えちゃうという。これを自己意識の徹底化による自己滅却という。

  次の話はプレスナーの離心性についてである。無機物は空間に位置があるにすぎないという。有機体、動物は中心が自己と身体がずれている。人間においては身体があり、魂があり、それをみている第三者的な自我の眺望点があるという。この三重の位置が意識の特徴だという。


   まとめ

  存在の科学

   異次元理論


   二重スリット実験とは、箱に二つのスリットを設け、なかに光源をおく。その二つのスリットから出た波動としての光は互いに干渉して感光版にあたって干渉縞をつくるというもの。ただし、量子論ではシュレディンガーの猫でいうように、見た瞬間に波動は粒子にかわる。だから、スリット近辺に観測装置を置いて、これを観測すると、なんと光は波動性から粒子性、光の粒にかわってしまい、感光版に光は直進し、二本の帯をつくるだけだという。

  この二重スリットは自己意識のと同じ構造。まず、ふたつのスリットのある箱をかぶっている光源が自分だ。光の構成要素であるスピノールが本当の意識だと以前話た。だから、光は私自身の意識でもある。感光版に波動の干渉性ゆえに、干渉縞をつくる。これがぼーっとした対象意識であり、このときできた縞模様をもうひとつの意識の光があたって、ホログラムをつくる。ここにホログラム理論がある。光の波動がつくった干渉縞、ここには三次元の事物のすべての情報が含まれている。そして、ついに観測装置の第二の自己意識の光はスリットのほうへ向く。すると、スリットがでてくる光の波動性は粒子性にかわり、ホログラム像が特定の事物に変貌するのだ。箱のなかの第一の意識光源。その付近にある第二の意識がホログラム情報を三次元化し、ついには波動性を粒子性にかえる。自我は二重スリットのある箱をかぶり、感光版という壁のまえにたっているだけなのである。

  
posted by モノイイ ジョーカー at 14:29| 東京 ☀| 日刊 仙人新聞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする