youtube哲学漫談完成版(正式版?)を毎日アップします。ユーストは未加工版(一か月保存)ねとらじは音声のみで生で今まで通りやっていきたいと思います。こちらからです!!−−>新設!!大人の教育番組 ジョーカーの哲学漫談 youtube!!! すべて整理!ジョーカー情報はここに集合ーー>MJKワールド 哲学漫談生配信はここ! 哲学漫談録画はこちら! 熱帯雨林さん作のジョーカームービーはここ! 大人の教育番組3ちゃんねる生放送 ジョーカーによるネットテレビ放送!!
スティッカムで簡単ライブ動画配信
Live video chat by Ustream 哲学漫談視聴について    朝の哲学漫談は今まで通り一人演説にさせてもらいます。チャットがきても答えらないかもしれないけど、無視したり、嫌ったりしてるのではありません。あしからず。よるの哲学漫談はチャットをしながら、とくにこれといったルールなしでやっていきたいと思ってます。よるのまんだんは哲学の話とは限りません。ダンプ放送はひるのまんだんです。     よるの哲学漫談、したらば掲示板はこちらです。-->http://jbbs.livedoor.jp/music/23492/

2007年01月09日

災害の予告 驚くべき情報 竹下雅敏氏のの情報   

  竹下雅敏氏から以下の警報が出ました。ご報告します。



警報

《警報:発信2007年1月7日》

                発信:平成19年1月7日、午後4時45分

 1月7日(日)午後4時23分。名古屋を中心とする広範囲の地域の波動が警戒レベルまで下がりました。

 これにより、災害が起こる可能性が最も高くなるのは、3日後の1月10日午後4時23分前後となります。

 波動が警戒レベルまで下がっている地域はもちろん、上記の地域以外でも、強い揺れに対する十分な警戒が必要です。

 警戒レベルまで波動の下がった地域が必ず3日後に被災するわけではありません。これまでのように延期または直前に回避される可能性も十分に考えられます。しかし、これらの地域が警戒レベルの波動を脱出しない限り、警戒を怠らないようにしてください。

(竹下雅敏)




  災害を事前に防ぎたいものです。昔から山脈法というものがあります。災害を事前に察知するらしいのです。片手でのど仏をはさんで脈をとる。もう片方の手で手首の脈を押さえる。普通は同じタイミングですが、24時間以内に災害、天変地異等があるばあい、このタイミングがずれるというものです。みなさんも試してみてはいかがでしょうか。

posted by モノイイ ジョーカー at 21:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界特別教室 地震の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月25日

地震の予告 竹下雅敏氏の情報   

  竹下雅敏氏から地震の警報がありました。十分に気をつけましょう。この情報を聞いて事前に心がまえをもち準備すれば、何人もの人が助かるかも知れません。このページを見たのが幸いするかもしれません。以下は竹下雅敏氏からの警報であります。



《警報》

 6月25日(日)午後12時33分、前回の場合と同じく東京・神奈川・千葉・茨城、および東海・東南海・南海のいずれかの地震によって津波の被害が予想される広範囲の地域で波動が警戒レベルまで下がりました。

 これにより、災害が起こる可能性が最も高くなるのは、1日後の6月26日(月)午後12時33分前後となります。(昼の12時33分)

 上記の地域はもちろん、それ以外の地域でも強い揺れと津波に対する十分な警戒が必要です。当日、地下鉄に乗る場合は、特に注意をして下さい。特に名古屋は警戒を要します。災害が起こる可能性が高くなる時間帯では耐震性の高いビル(例えば大型ホテル)の2階以上にいれば比較的安全かもしれません。

 警戒レベルまで波動が下がった地域が必ず1日後に被災するわけではありません。また前回の場合と同様に、波動レベルで災害の回避に向けて強く働きかけている人たちの努力により、今回もまた、回避、延期、または縮小される可能性が十分に考えられます。しかし、これらの地域が警戒レベルを脱出しない限り、警戒を怠らないようにしてください。

発信2006年6月25日、午後12時40分
竹下雅敏



ユニティデザインはこちらーー>http://www.unity-design.jp/index.html
posted by モノイイ ジョーカー at 14:17| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界特別教室 地震の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月22日

地震の予告 竹下雅敏氏の情報

竹下雅敏氏をご存知ですか。東洋医学、東洋哲学等を研究されているかたです。以前、竹下氏が紹介されているユニティデザインというサイトを訪れました。陰陽五行説やインド哲学などを駆使した整合的な体系に驚かされたのですが、あくまで、自分にとって唐突だったのですが、そのサイトにて地震予告されました。以下がその文であります。

 < 《警報:発信2006年6月9日》

 6月9日(金)午前5時2分。東京・神奈川・千葉・茨城・および津波による被害が予測される広範囲の地域の波動が警戒レベルまで下がりました。

 これにより、災害が起こる可能性が最も高くなるのは、3日後の6月12日(月)午前5時2分前後となります。

 太平洋沿岸全ての地域で警戒が必要です。波動が警戒レベルまで下がっている地域はもちろん、上記の地域以外でも、強い揺れに対する十分な警戒が必要です。

 警戒レベルまで波動の下がった地域が必ず3日後に被災するわけではありません。またこの情報をもとに、波動レベルで災害の回避に向けて努力をするグループの人たちの力により、災害が回避、延期、あるいは縮小される可能性は十分に考えられます。しかし、これらの地域が警戒レベルの波動を脱出しない限り、警戒を怠らないようにしてください。

(竹下雅敏)


 これを読んだ私は2006年6月12日午前5時、自宅前の駐車場に非難しておりました。千葉県に住む私ですが、ゆれをかんじませんでした。ところが、家についてテレビをつけると緊急情報を流れていました。なんと、大分を震源とする地震で、発生時刻は2006年6月12日午前5時1分、震度5弱。しかも、竹下氏の住む広島県です。

  地震を分単位で当てるとはおよそ、信じられません。それでも、竹下氏の思想、そして、このたびの地震予告を考え合わせると信じざるを得ません。ちなみに私は在野です。

 その後の竹下氏のコメントです。

 <6月12日、午前5時1分に大分を震源とする地(M6.1)があり、その後午前8時4分に青森県東方沖を震源とする地震(M4.8)があった。この2つの地震はきわめて異常なもので、通常では考えられないタイプのものである。というのはこれらの2つの地震は、いずれもその地域の波動が警戒レベルに達していない場所で起こっているからである。

 どのような災害であれ、被災地域の波動は、災害が起こる時間を中心に前後3日間、従って正確に1週間の間だけ、警戒レベルに達する。このことから今回のこれらの地震は明らかに何らかの介入があったものと考えられ、本来なら東京で起こるはずであった地震が一時的にせよ回避されたことを示している。

 ある方からの情報によれば、6月12日(月)が「キリストの祭り」であり、人類の願いが最も神々に届きやすい日であったことも幸いしたのかもしれない。東京での大災害の回避を願う多くの人々の願いが聞き届けられたに違いない。このことを確認するため、波動レベルで東京での地震の回避を強く働きかけていた男性に連絡を取ってみた。言葉はこの通りではないが、要点をまとめてみると、

「東京と太平洋ベルト地帯で絶対に地震が起きないようにしようと思って、地震のエネルギーが分散するようにした。その際、けっして地震の直接的被害で人が死ぬことのないように祈った。これらの地震を合計すると、ちょうど東京で起こるはずであった地震の規模と震度になるように分散したので、結構うまくいったと思う」

とのこと。

 この男性の言葉によれは、天候や台風の進路の変更、地震の起こる場所の移動などは比較的容易であるとのこと。多くの人々の願いとこの男性の強い働きかけが神々の心を動かし、地震のエネルギーの分散につながったのであろう。

 しかし、今回のこの出来事で東京での災害が完全に回避されたわけではない。6月9日に警戒レベルに波動が落ちた地域の波動は、現在もまだそのままであり、恐らく警戒レベルを脱出するのは6月30日頃であろう。今から6月29日までの間にもう一度非常に危険な日がやってくる。しかし今回の地震のエネルギーの分散によってその規模は確実に小さくなっており、今回のものが東京で起きていたとすればその予想震度は7強であったのに対し、次回のものは6強である。だが次の危機が今回のものよりも厄介なのは、人工地震の可能性が極めて高く、その回避がより困難だからである。予定されている最も危険な日時を今回のようにネット上で公開することは出来ない。なぜなら誘導装置によって人工地震を引き起こそうとする闇のグループの者たちはその日時を変更するに違いないからである。

 過去の例からも、こうした人工の災害の場合、決行日の前日に異常な株取引が行われている。ここに注意を怠らなければ、およその危険日を推測することが出来るだろう。

 今回地震が一時的にせよ回避されたことは幸いであった。多くの人々は、神々に強く働きかけ、地震のエネルギーが分散するように祈った男性に感謝しなければならないだろう。

 次回の危機は乗り切れるだろうか。ツキがなくなるのを恐れて、風呂に入るのを嫌う人々がいる。こうした願かけにどの程度の意味があるかは知らないが、その時がいつ起こるのか、耳を済ませて気をつけていて欲しい。

(竹下雅敏)




  そして、このたび、6月12日の今日、あらたに警報予告をなされました。以下がその文です。

 <《警報の予告》

 今月(2006年6月)の後半に、恐らくは横浜が震源になると思われる地震が懸念される。もしこの地震が予定の日時に発生すれば、東京は広範囲に被災し、経済的損失は甚大なものになるだろう。

 東京を含む広い範囲で土地の波動は現在もまだ警戒レベルに入ったままである。従って、前回6月12日の時のように3日前ではなく、今回の場合は最も危険な日時の1日前にしか警報を出すことは出来ない。

 地震の発生前には、いくつものシグナルがあらわれる。地震雲の発生、ペットの異常行動、電話やテレビ等の電子回路を組み込んだ製品のトラブル、まるで何者かが地震が起こることをあらかじめ知っていたかのような株式市場での不可解な取引き等である。

 こうしたシグナルに十分に注意をしながら、地震に対する警戒を怠らないようにしてほしい。

 前回より地震の規模は確実に小さくなっているとはいえ、日本の経済を壊滅させるには十分に強力である。

 病床にあった男性が見た日本の大災害のビジョンとその警告に耳を傾けるのであれば、できれば今月中に1年分の食糧と燃料の備蓄をすませるようにしてほしい。

2006年6月21日 AM12:00
 竹下雅敏



 ユニティデザインはこちらのアドレスです。−−−>http://www.unity-design.jp/index.html


  今後とも竹下氏、ユニティデザインの動向をおっていきたいと思います。地震による災害を最小限に抑えるためにも、必要な情報を提供していきたいと考えております。

 管理人ーージョーカー
posted by モノイイ ジョーカー at 00:01| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界特別教室 地震の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月12日

緊急!?どういうこと!?地震予告1分単位で当たった!!

  仙人養成学校管理人がよく訪れるサイトにユニティーデザインというサイトがあります。先日、ユニティーデザイン、竹下雅敏氏が6月9日(金)午前5時2分、一分前後に地震があると予測されておりました。私はとりあえず、必要なものをかばんに入れ駐車場まで非難。千葉にすむ私はとりあえず、何事もおきなかったので家へ入ると、なんと、テレビの速報で広島県で5時1分に震度5弱の地震!!驚きです。ちなみに、竹下雅敏氏は広島県在住です。一分のずれですが、いままで経験したことのない悪寒がはしりまくりました。今後とも、ユニティーデザインの動向を追ってゆくことにします。

ユニティーデザインは下をクリック。


 ユニティデザインのサイト

 
posted by モノイイ ジョーカー at 05:36| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 精神世界特別教室 地震の予告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする